プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

手作り櫛ケース。

清水の舞台から飛び降りる
そんな気持ちで購入した、つげの櫛。
今日の話題はその櫛ではなく、
5年以上前にダイソーで購入した桃の木の櫛。

つげ櫛と、桃の木の櫛
上が桃の木の櫛。下は国産のつげ櫛。

これはワタクシにとっての「つげ櫛」なのじゃ

そう言い聞かせつつ、けっこう長い間愛用してきた。
実は桃の木だったことも忘れておりましたw
デパートのパウダールームで使っていたら
「つげ櫛ですよね、使い心地はどうですか」と聞いてくる人もいた。
違いますよ、100均ですw
期待を裏切るようで、申し訳ない気もしたが
知らない人に張る見栄は持ち合わせていないので
正直に申告。

しかし。入れ物は100均で購入した
ジップロックイージージッパーのような袋。
ケースが欲しいと思いつつ、それで間に合わせていた。
バッグから取り出す時は、なんちゃってジップロックが見えないように
手をつっこんで櫛だけ取り出していた。
色気ゼロというより、みすぼらしいと言うべきか、トホホ…

今回、国産のつげ櫛を購入した際、
櫛ケースをサービスでいただいたのです。

私の見立てが間違いでなければ、
ちりめんのハギレと接着芯で作られていて
自分でも、何とか作れそうだなと。
ケースがあると、櫛を守ってくれますからね。
バッグの中に裸で入れておくのも心もとないし、
愛用している櫛なのだから、この子にもケースが要るわね。
何気に、この子呼ばわりwww

ただし、一部は縫わないといけないので
ちょっとメンドウかもと思った。
で。ググりました。(お約束ですわね)
ちょっとした工作気分でできそうな記事を見つけました。
この記事です。
しかも、布合わせがステキ。
厚紙、ハギレ、木工用ボンド(私はスティックのりも使用)
それだけで、できちゃう素晴らしさ。
作り方をよく読んで、レッツトライ!

櫛ケース、固定中。
糊付けして、クリップで固定中。
う。ちょっと真ん中の貼りが甘く、ボコッてる(汗)

20160918_櫛ケースできあがり。
でも、櫛を入れたら隠れるもんねー(ニヤリっ)

ワタクシは稀代のセンスネーゼなので、1種類の布で。
作ったからには、使い倒すので身バレ防止も必要。
モノトーン加工で失礼しやす。

工作な休日、でございました。
お読みくださり、ありがとうございます。

【ワシの部屋にカーテンを】カーテン計画の解説。

ごぶさたしております。

ブログ更新もせずに何をやっているかといえば
カーテンを製作中。
不器用なのと、普段は仕事に行ってるので
作業は休日にまとめてすることがほとんど。
そして、歩みは遅いw

最近の記事は、「カーテン、か~てん」とワシがうるさいので、
暫定でカーテン専用タイトルを作ってみた。

まずは、私の寝室の窓はこう。
出窓になっていまして。


手書き絵、どーんw
小学生時代の図画工作の成績は5段階評価の1か2だったので
生ぬるい目で、そしてお持ちの想像力を
最大限働かせて見ていただきたい。

FIXと書いてあるのは、開かずの窓。
はめ殺し窓とも言うらしいね。
で、真ん中は左右にガラッと移動させて開ける
普通の窓・
で、この窓たちの上にグルッとカーテンレールが1本ある。
ここにはレースカーテンをかけている。
窓の上にカーテンレールは一列だけ。

出窓の手前の壁の上に分厚いカーテン用のレールがもう1本ある。
そこに厚めの生地のカーテン(寸足らずのもの)を引っ掛けてあるのが
現在の状態。
カーテンを閉めると出窓のスペースは
部屋の中から見ると完全に隔離されて見えない。

でも出窓スペースが常に視界に入る状態になったら
少しのスペースが生まれるので、多少部屋が広く見えるかも!

レースカーテンは各窓の横につっぱり棒をかませて
目隠しカーテンみたいなのを作って引っ掛ける。
そして、図にも書いた窓の上にある1列のカーテンレールに
分厚いカーテンを引っ掛ける。
というのが、ワタクシ、、いや、ワシのカーテン計画であ~る。

この話、しばらく続く予定。

ピッタリは難しい。

だいぶ前のハナシになるが
私のPCが置いてあるこたつデスクの横に
無印のポリプロピレン製のストッカーを置いている。
そこにこまごまとしたものを入れている。

入れているモノ
・目薬を4種類5本
・リップクリーム
・鼻スースースティック
・皮膚科にもらったチューブ薬
・白色ワセリンを入れてある小さい容器
・スパチュラ(ワセリンに直接指を入れないためのもの)
・まゆ毛用のハサミ、毛抜き類
・USBメモリやSDカードが入った小箱

引出しの深さは浅い。
細かいものがざっくり分けて入れてあった。
しかし仕切りがないので、引出しの開け閉めで、
すぐにグチャグチャに。

で。先日。
別の用途で買ってきた板目表紙という厚紙を使って工作してみた。
ところがドッコイ。
ちゃんとサイズを測ったはずなのに作ってみたら
横幅がギチギチすぎて入らなかった。
一度作り直したのに、またもや入らず。
3度目でようやく引出しに収まる箱を作ることができた。
今度は収まったけれど、ピッタリよりは小さめ。
手で動かせば多少左右に動くが
これでヨシとしよう(大いなる妥協)
疲れた、ともいう。

引出しに合うモノをさがすよりも
手作りすれば、手軽だし
何よりピッタリサイズでつくれます


などと何かで読んだ気がするのだけど
ピッタリサイズに作るって難しい…
私の勘がニブいのかw
それに加え、根気も足りないという(笑うしかない)
小学生の時の工作の成績も悪かったのも、納得。

使えたのは1個だけ。
整理するには足りない。
引出しを整理できて気が向いたら、箱ごと(引出しごと)
披露しますわね~

では、おやすみなさい☆

設計図を描け。

私の部屋のカーテンは「ありあわせのもの」が
引っ掛けてあります。

帰ってきたときに自分でカーテンを作る予定だったのだけど
とりあえず日差しを防げているし
ま、いっかと思って。
何年もそのままでした。

さすがにアカンなーと思いまして
改めてサイズを測りました。

カーテンテープとか生地を買うにあたって
材料がどれだけ必要なのか分からなくては
生地屋さんに行っても購入できないし、
確かに何も進まないわけです。

日曜大工でもそうだろうけど
サイズを測ったら、次は設計図を描く必要がありますな。
実は設計図を描かなかったことが、
カーテンを作れなかった理由でした。
気づくの遅いな~

ゆっくりでもいいから、進めなくては。

カーテン計画を、まずはおおざっぱに。

ここんとこ、肩と首が重く
調子がイマイチ。
急に涼しくなったり、暑さブリ返したり
ずっと降らなかったのに雨が続いたし
おそらく天候のせいであろう。
仕事のせいではなく⇒鼻の横がヒクヒクしますわwww


さて、前の記事で書いた
カーテン手作り計画を練るっての。
アレね、想像するだけでメンドクセってなってフリーズ中。

そんなんだったら買ったらえぇやん=3って思うんだけど
「こういうのが欲しい」という条件は譲りたくないので
そうなると作るほうが、おそらく安い。
自分が動く時間的なコストを考慮すると
かならずしも「安上がり」ではないかもだが
金額面だけを考えると「やっぱり作ろうか」って思う。
思うだけで、腰が重いのだが。

なにが「メンドクセ」って思うかというと
カーテンレールのサイズは実家に戻ってきたときに
母に手伝ってもらって測って、メモも手元に残っているが
割とおおざっぱだった気がするもんで
再度サイズを測ろうかしら、
しかし、ソレも面倒だなと。

それさえやれば、あとはチマチマと計算するだけなんだ。
それも、まぁ、なんとなくメンドクセなんだが
サイズ測ってから考えろって話でね。
グチグチ書いているが、ここで結論。

やることを細かく切り分けろ。

これをしないから、途方に暮れるのかもしれぬ。
ただ、細分化しても
サイズ測るのは避けて通れないけどな、はっはっは。
 →こんなこと言ってるのに、解決するのかwww

1.東の窓のサイズを測る
2.南の窓のサイズを測る
3.出来上がり寸法を決める
4.タックの数を決める(カーテンレールのフックを数える)
5.縫い代を考慮して、布がどんだけ要るのか計算する
6.布に関する条件を書きだす⇒ここ重要。
7.買い揃えるものをリストアップする

おおざっぱに切り分けてみた。
本当はもうすこし細かくしなきゃいけないが
それは手元の手帖でチマチマやりますわ。

書きっぱなしで、何も進んでいなかったので
一歩を踏み出すために、ここに書いてみた。
この話、途切れながらも続く予定。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE