プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手

2018年の抱負のようなもの
「小さな成功を積み重ねます」
「適度なうるおいを保ちます」
良い1年にしようと思います!

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。
(相互リンクの受付は停止中です)


当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

幸せになるためのカギ。

またまたアヤしげなタイトルで失礼いたします。

若い頃から自己啓発系の本を購入していたが
気分を高揚させるために、お金を払っていた気がする。
今度こそうまくいくのでは?
そんな期待をお金で買っていたんじゃないかと。

自分を好きになれない歴=年齢に近い
そんな私は、1冊や2冊本を読んだだけでは
変われないんじゃないだろうかと、
かなり散財した挙句、気が付いた。
だから、かれこれ10年以上そういう本は買わなくなっていた。
別の言い方をすると、自分に期待しなくなったとも言えるかも。

で、久しぶりに買ったのが前に紹介した
「自分を好きになろう」だった。
こういうのを読み始めると、芋づる式になるのだろうか。
図書館で見つけた本が秀逸だった。
残念ながら、絶版になっているみたいなんだけどね。

最近の私のテーマは「自己肯定感を底上げ」なんだろうと思う。
いや、ちがうな。たぶんずっと前からのテーマだった。
見て見ぬふりしてただけで。

   

この本は、米国の精神科医の著書。
読者が自分を好きでいられるようにすることを目指して書かれたそうだ。
まず、「はじめに」から引用します。

<引用ここから>
私は三十年間精神科医として仕事をしてきた結果、
「自分のことを好きでいることこそ幸せの基盤である」
「たいていの心の問題は自尊心が低いことから起きる」

という事実を確信するようになりました。
もうひとつ経験から言えるのは、幸せそうに見える人でも、
本人が望んでいるほど幸せでもなければ、
まわりの人が思っているほど心穏やかではないということです。
生きていくにはそれでよいのです。
少しばかり自分に自信がもてなくてもかまいません。
それどころか、私たちは少し自信がないときこそ一生懸命に努力をし、
他人に心を配ることができます。
ただし、あまり自分を信じられない気持ちが大きすぎると
いいことはありません。
<引用ここまで>

自分に多少自信がないくらいは問題ないのだと。
裏返せば「謙虚」ともいえるわけで。
けれど、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。
極端なのは、幸せが遠のくんだよね…

なかなかの長文になったので
いったんここでたたみます。

つづきを読んでくださる方は
お手数ですが、<つづきを読む>からお願いします。


続きを読む »

自分にやさしく。

こんばんは。
寒いのが苦手だから、ここ2日くらい寒さがゆるんで
少し幸せを感じました。

ところで、取り下げた「今年の抱負のようなもの」の中に
・自己肯定感の底上げをします
・幸せになれる行動をします
ってのがあったのだけど、
裏を返せば、私は自分のことが好きじゃないし
幸せになれるような行動をしていないってことなんだよね・・・

そう。私はずっと自分のことが好きになれなかった。
容姿も、性格も。
もちろん、頑張らなくてはいけない時には「すべきこと」もしたし
望んでいた結果を出したこともある。
でも…と言葉が続いてしまうのだ、残念ながら。

職場の人に「浅田さんは、自分のことを認めなさすぎる」
「ちゃんとやっているのに。」と言われた。
一度ではなく、何度も。
これね、11月頃からずっと気になっていた。

私はウツを経験しているから
「自分にやさしくなろう」としたことはある。

「自分にやさしく」と「自分に甘く」をイコールにすると
人生がおかしくなる気がする。

けれども40代後半まで、「自分のことを認められない」思考で生きてきた。
今さらどうにもならないし、「ふり」はできるかも知れないけど
変わるのは無理だと思う。
そして「ふり」は必ずボロが出る。
だから、職場であんなこと言われちゃうんだ・・・
本当のところはあきらめかけているよ。

先日、立ち寄った書店でこの本を見かけた。

  

表紙のイラストが柔らかでかわいらしい本。
でも、開いたページに書いてあったのは
「私はずっと自分に冷淡だった」。
すごく分かる気がすると思った。

自分に冷淡・・・
なんて寂しい言葉。涙が出そうだった。

実はまだ買っていないんだけど、
けっこう良さそうなことが書いてあったので
そのうちのひとつだけ、試しにやってみようと思っている。

良さげだったら、また紹介します。 では。

【追記】
この本、買って読み直しました。
打消し線で消したんですけど、
この本の中に
「自分に冷淡だった」という言葉が見当たらず…

そばに置いてあった、他の本。
自己肯定感がテーマの本にでも書いてあったんだろうか?的な
自分の思い込みの強さに、ハテナマークが飛びまくっています。
暴走してますな、誠に失礼しました。

もう一回読み直してみるけど、たぶん思い違いなんだろうなぁ


イラスト書いた方のあとがきに書いてありました。
訂正のまた訂正です。ごめんなさい。

【BOOK】婚活中の女子に捧ぐ。「となりの婚活女子は今日も迷走中」

ある日、レビュープラスさんからメールが来ました。
ワタクシに「婚活」がテーマの本をレビューしませんか?と。
私自身は婚活市場から、ドロップアウトしている。
いいのか、ワシで?と思ったけれど、「高みの見物」をさせてもらおうと
レビュアーに手を挙げてみました。(生意気ですね、すみません)
本のタイトルは、「となりの婚活女子は今日も迷走中」。
安心してください、迷走してない人の話も出てきます。

表紙はこんな感じ
  婚活女子 表

これは…レジに持っていくの恥ずかしいと思う本もあるけど
コミック本のような表紙だから、書店で手に取りやすそう。
タイトルさえスルーしてくれたら無問題だね。

 ★著者はこんな方★
著者の大西 明美さんは、婚活アドバイザー。
過去20年で のべ4万3千件の恋愛を研究してきた
婚活指導の第一人者。(著者紹介より)

 ★こんな人におすすめ★
もちろん、ターゲットは婚活してる幅広い年齢層の女子でしょう。
婚活女性の心理もわかるので、男性も読んで損しないと思います。

 ★ザックリわかる本の内容★

他人の体験談より、面白くて役に立つ、「婚活テクニック」はない!

表紙をめくると、こう書いてあります。
就職の時の面接もある意味テクニックだもんな。
相手がいるという意味では同じだ。
16のモデルケースで、話の導入として4コマ漫画が付いている。
(一部、漫画ナシもあり)
周りに婚活してることを公言していて、事細かに話す友人がいれば別。
ただし、失敗&成功ポイントを自分で分かっていないこともあり得る。
自分のことを俯瞰することは難しいからね。
著者は、お見合い相手を紹介するのが仕事。
お断りした理由を包み隠さず言ってくれるとは限らないだろうけど、
男女両方から言い分を聞ける立場。
先人と同じ轍を踏まずに済むかも知れない@16件って、けっこうお得?
そんな視点で見たらコスパ良しと思える(1,300円+税)。
お見合い1回だけでも1300円以上はお金かかると思うからね。

 ★「なるほど」と思ったポイント★
たとえば、デートでの支払問題。
割り勘か、男性が持つべきなのか。
238ページの最初に書いてあるタイトルはこうだ。
男性は、”レジでお財布を出さない”女性は”割り勘”を理由に断る
そうなの?うーん。そうかも知れないなぁ。
自分が男性だったら、払ってもらって当然という顔をされたらイヤだ。
これに対する処方箋が147ページからの「おごられ女子」に書いてある。

お見合いには「手みやげ」を持って行く
渡すタイミングは出会ってすぐ
2回目以降のデートではお会計の直後に渡す


それによって「俺だけ大変」という気持ちにならずに済むとφ(..)メモメモ
って、わたしゃ、婚活の予定はありませんけど。

それから、私が膝を打ったエピソードは「質問女子」。
「結婚する前に知っておかなくてはいけないこと」を、
出会ってすぐ立て続けに質問する人。質問で自爆してしまう人。
質問がいけないのではない。
タイミングが悪いのである。
こればかりは、聞かれた相手がどう思うか想像してみないとね。
では、いつなら聞いて良いのか?
「交際を申し込まれたとき」と「プロポーズを受けたとき」。
この2つのタイミングなら、相手の気持ちが前のめりになっていて
こちらの質問に答えようとしてくれるらしい。
では、逆に男性から踏み込んだ質問があるときは
いつしたらいいんでしょうね?
一般論で結構ですから教えてください、大西さん!

 ★まとめ★
結局のところ、婚活も面接も人と人の付き合いなのだ。
「こうされたら、相手はどう思うだろう」。
これを考えられないと、受け入れてくれる相手を見つけるのは難しい。
婚活の成否ポイントを1冊の本ですべて網羅することは不可能。
でも、この本は現代に即したコンテンツもある
。Facebookやインスタグラムをどう使うのか?といった戦略例まである。
それも含めて、婚活してない私も楽しめる本でした。



著者の大西 明美さん、そして献本してくださったレビュープラスさん
この本を読む機会を下さり、ありがとうございました。

【BOOK】スランプなブロガーに捧ぐ。「一瞬で心をつかむ文章術」

最近、ブログの更新が滞りがちな浅田です、こんにちは(^^)/
そんなワタクシに「この本、読んで出直しやがれ」という思し召しなのか
一冊の本が送られてきました。
読み終わったので、レビューします。

タイトル:一瞬で心をつかむ文章術(amazonさんのページに飛びます)
著者  :石田 章洋(いしだ あきひろ)さん (放送作家)
一瞬で心をつかむ文章術

 ★こんな人におすすめ★
特におすすめしたいのは、今の私のように
ちょっと更新が滞っちゃってる(困)
そこのアナタwでございます。

 ★ザックリわかる本の内容★
「世界ふしぎ発見!」(TBS)、「TVチャンピオン」(テレビ東京)など
人気の高い番組を担当されている放送作家の石田さん。
「次はどうなるんだろう?」「何が出てくるんだろう?」と
視聴者をワクワクさせることが、放送作家石田さんの仕事。
そんな石田さんが、
「人に最後まで読んでもらうための文章の書き方」を教えてくれます。

 ★「なるほど」と思ったポイント★
「文章とは書くものではない、読んでもらうものである」(30ページ)
この視点を忘れると、
最後まで読んでもらえない悲劇が待っている。
ゆきあたりばったりでブログ書いてるワタクシには、耳の痛い言葉である。

「すべてのテーマは疑問文である」(32ページ)
この本なら、人の心をつかむ文章を手早く書くコツとは?」がテーマ。
このレビューなら、「どうやって、この本に興味を持ってもらえるか?」。
うぐぐ…、むずかしいね。

 ★スランプさんに送る「なるほどポイント」★
「しっかり考えてから書き始める」p25
「真剣に考えはじめるためのスイッチ、それが書き始めること」p115
「完璧な絶望がないように、完璧な文章はない」p182

上の2つは見事に矛盾してる。
「玉子が先か、鶏が先か」という話だけど、両方正しい。
そして3つめの言葉は、
村上春樹さんの「風の歌を聴け」が元になっている。
「うまく書きたいのに、書けない人」への救いの言葉になると思います。

 ★お役立ちポイント★
たとえば、書き出しの方法。
「クイズ問題を出してみる」とか、「逆説でひきつける」など、
興味を引くテクも紹介。
文章の組み立てのコツについても
「起承転結」よりも、グッと書きやすい順番も提案されている。

 ★まとめ★
この手の本は、ガツガツと何冊も読み漁るもんじゃないと
個人的には思います。
方法論に翻弄されて書けなくなるくらいなら、
ベーシックな1冊を使い倒した方がいい。
私はそう考えます。

なるべく平易な言葉を使って、文章を書く基本が網羅されています。
辞書的にも使えそうだと感じました。
精神論的なことは、最小限におさえられています。(重要)
上記のベーシックな一冊にするかどうかは
読み手次第だけど、良い本だと思いました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事は、レビュープラスさんから献本をいただいた本を
レビューいたしました。
著者の石田さん、出版社の明日香出版社さん、
そしてレビュープラスさん、ありがとうございました。
長くなったので、以下、たたみます。

続きを読む »

【BOOK】ゼロ秒思考

世間は黄金週間2日めですな。
昨日は死んだような一日を過ごしました。
ダラダラしたから疲れが取れるってもんでもないですな。
残念。
さて、そんなダラダラしたワタクシですが
超スピードを扱う本を読みました。
そのタイトルは『ゼロ秒思考』。
図書館で借りました。

  
          
こちらの本ざます。
著者は、マッキンゼー出身の赤羽雄二氏。
あのさ。マッキンゼーという単語。ビジネス本の棚でたまに見かける。
バカ丸出しで書くけど

マッキンゼーって何なの?

ハーバード大学とかオックスフォード大学とか
それと同列に近いエリートなイメージを持っていました。
何なのかは全く知らなかったけど、見かける単語だったもんで。

今回、この記事を書くにあたってググりました。
結局、今も分かったような分からんような・・・
マッキンゼー・アンド・カンパニーという、コンサルタント会社。
直訳すると、「マッキンゼーとその仲間たち」。
どっかの党の名前みたいで笑える(→失礼)
マッキンゼーは創始者の名前。
社歴は割愛。ここでまたギモン。
コンサルって一体何してるの?ってね。
日本風にいうと「相談役」みたいな感じなんだろうけど
日本企業の「相談役」とはちょっと違うっぽい。

クライアントに解決策を示してその発展を助ける業務を行うことである。
     (出典:コンサルティング - Wikipedia)

ものすごく、かいつまんで言うと
「解決策や、発展するためのアイディアを提案する会社」
ってことで良いのかしらね。
知力だけでなく、体力も要求されるハードな業務だそうです。

ここらへんで、そろそろマッキンゼーのまとめに入りますか。
日本にも支社がありまして、著書の多い大前研一さん、
それからワタクシの同世代だと勝間和代さんなどが在籍していたらしい。
ただし、ワタクシ大前さんの著書は未読。

入社するのが超難関で、高収入な会社。
で、メンバーはその高収入に見合うだけの案を
企業や団体に提供する。
前置きのわりに、短くて申し訳ない。
要するに、超デキる人が入る会社。

諸先輩は、キレ者揃い。
そこに入社する元々デキる人は、そんな先輩の指導を受け
ますますデキる人になるのでしょう(想像)。

さて、そんな会社に在籍していた赤羽氏の本。
こんなメモをたくさん書くことを推奨されています。
A4の紙を横向きに置いて
・タイトル
そのあとは4~5行そのことについて
思いついたことをババーッと書く。
書きはじめから書き終わりまで、1分。

60秒です。
だから、ほんとは「0秒」ではなく「60秒思考」ですw

ただし、書いてみると分かるけど
1行20文字程度としても、60秒以内に書くって大変よ?
まず、人の字にならない。 (→ワタクシだけ?)
「長い時間考えたから、良い案が浮かぶ」とは限らないので
テーマについて思いつくことを、とにかく爆速で書くっていうのは
やってみる価値があると思った。

仕事の量は、完成のために与えられた時間を
                 すべて満たすまで膨張する

               (出典引用:『Wikipedia』-パーキンソンの法則)

まさにコレ。
ちょっと無理かも?というくらいをデッドラインにしたほうが
集中せざるを得ないからね。

なんにせよ、手ぶらでボヤッとアレコレ考えていても
ラチが開かないことも多い。
「テーマに沿って書きだす」ということには、もともと賛成。
そこに締切を持ってくるあたり、さすが激務をこなしていた方だなと。
A4メモは1日、10枚程度書き続けることを推奨しておられる。
可能ならば、書いたら良いと思う。
1枚1分なら、10枚書いたって10分だからね。

ただし、諸手を挙げて全面賛成ではない。
このA4メモを、スペースが許す限り
全部取っておけと書いていらっしゃる。
1日10枚として10日で100枚。
1か月で300枚。
これからアレコレ捨てようと思っているワタクシとしては
「それは取っておけないな」と思いました。
紙ごみ、しかも自分が書いたメモの捨てにくさは
よくわかっているつもり。
捨て期限を付けて捨てていかないと
汚部屋まっしぐらだと思われまする。

ちなみに、この記事も、一応
60秒で書きだしたことに沿って
それを引き延ばして(笑)書いております。
参考までに、メモ書きをそのまま写しておきまする

「0秒思考まとめ 20160430
・マッキンゼーって何、そんなにエラいの?
・1分って短すぎね?
・メモを全部取っておくのは反対
・集中するってのは良いかも」


書き出した紙は、こうして記事になったことだし
信念?に基づいて速攻で捨てますw

いたずらに時間をかけなくても、自分なりに頭の整理はできる。
良い方法だと思いました。
以上、ワタクシの感想でございました。
久しぶりの本ネタ。
お読みくださり、ありがとうございます。
左のサイドバーに詳細を表示していますが、
このブログはAmazonのアフィリエイトプログラムに参加しています。


※この記事ではメモ書きの詳しいルールについて割愛しました。
一応ルールがあります。
メモ書きをやってみようと思われる方は
この本を一読されるか、ググってみてくださいませ。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE