プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BOOK】婚活中の女子に捧ぐ。「となりの婚活女子は今日も迷走中」

ある日、レビュープラスさんからメールが来ました。
ワタクシに「婚活」がテーマの本をレビューしませんか?と。
私自身は婚活市場から、ドロップアウトしている。
いいのか、ワシで?と思ったけれど、「高みの見物」をさせてもらおうと
レビュアーに手を挙げてみました。(生意気ですね、すみません)
本のタイトルは、「となりの婚活女子は今日も迷走中」。
安心してください、迷走してない人の話も出てきます。

表紙はこんな感じ
  婚活女子 表

これは…レジに持っていくの恥ずかしいと思う本もあるけど
コミック本のような表紙だから、書店で手に取りやすそう。
タイトルさえスルーしてくれたら無問題だね。

 ★著者はこんな方★
著者の大西 明美さんは、婚活アドバイザー。
過去20年で のべ4万3千件の恋愛を研究してきた
婚活指導の第一人者。(著者紹介より)

 ★こんな人におすすめ★
もちろん、ターゲットは婚活してる幅広い年齢層の女子でしょう。
婚活女性の心理もわかるので、男性も読んで損しないと思います。

 ★ザックリわかる本の内容★

他人の体験談より、面白くて役に立つ、「婚活テクニック」はない!

表紙をめくると、こう書いてあります。
就職の時の面接もある意味テクニックだもんな。
相手がいるという意味では同じだ。
16のモデルケースで、話の導入として4コマ漫画が付いている。
(一部、漫画ナシもあり)
周りに婚活してることを公言していて、事細かに話す友人がいれば別。
ただし、失敗&成功ポイントを自分で分かっていないこともあり得る。
自分のことを俯瞰することは難しいからね。
著者は、お見合い相手を紹介するのが仕事。
お断りした理由を包み隠さず言ってくれるとは限らないだろうけど、
男女両方から言い分を聞ける立場。
先人と同じ轍を踏まずに済むかも知れない@16件って、けっこうお得?
そんな視点で見たらコスパ良しと思える(1,300円+税)。
お見合い1回だけでも1300円以上はお金かかると思うからね。

 ★「なるほど」と思ったポイント★
たとえば、デートでの支払問題。
割り勘か、男性が持つべきなのか。
238ページの最初に書いてあるタイトルはこうだ。
男性は、”レジでお財布を出さない”女性は”割り勘”を理由に断る
そうなの?うーん。そうかも知れないなぁ。
自分が男性だったら、払ってもらって当然という顔をされたらイヤだ。
これに対する処方箋が147ページからの「おごられ女子」に書いてある。

お見合いには「手みやげ」を持って行く
渡すタイミングは出会ってすぐ
2回目以降のデートではお会計の直後に渡す


それによって「俺だけ大変」という気持ちにならずに済むとφ(..)メモメモ
って、わたしゃ、婚活の予定はありませんけど。

それから、私が膝を打ったエピソードは「質問女子」。
「結婚する前に知っておかなくてはいけないこと」を、
出会ってすぐ立て続けに質問する人。質問で自爆してしまう人。
質問がいけないのではない。
タイミングが悪いのである。
こればかりは、聞かれた相手がどう思うか想像してみないとね。
では、いつなら聞いて良いのか?
「交際を申し込まれたとき」と「プロポーズを受けたとき」。
この2つのタイミングなら、相手の気持ちが前のめりになっていて
こちらの質問に答えようとしてくれるらしい。
では、逆に男性から踏み込んだ質問があるときは
いつしたらいいんでしょうね?
一般論で結構ですから教えてください、大西さん!

 ★まとめ★
結局のところ、婚活も面接も人と人の付き合いなのだ。
「こうされたら、相手はどう思うだろう」。
これを考えられないと、受け入れてくれる相手を見つけるのは難しい。
婚活の成否ポイントを1冊の本ですべて網羅することは不可能。
でも、この本は現代に即したコンテンツもある
。Facebookやインスタグラムをどう使うのか?といった戦略例まである。
それも含めて、婚活してない私も楽しめる本でした。



著者の大西 明美さん、そして献本してくださったレビュープラスさん
この本を読む機会を下さり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

【BOOK】スランプなブロガーに捧ぐ。「一瞬で心をつかむ文章術」

最近、ブログの更新が滞りがちな浅田です、こんにちは(^^)/
そんなワタクシに「この本、読んで出直しやがれ」という思し召しなのか
一冊の本が送られてきました。
読み終わったので、レビューします。

タイトル:一瞬で心をつかむ文章術(amazonさんのページに飛びます)
著者  :石田 章洋(いしだ あきひろ)さん (放送作家)
一瞬で心をつかむ文章術

 ★こんな人におすすめ★
特におすすめしたいのは、今の私のように
ちょっと更新が滞っちゃってる(困)
そこのアナタwでございます。

 ★ザックリわかる本の内容★
「世界ふしぎ発見!」(TBS)、「TVチャンピオン」(テレビ東京)など
人気の高い番組を担当されている放送作家の石田さん。
「次はどうなるんだろう?」「何が出てくるんだろう?」と
視聴者をワクワクさせることが、放送作家石田さんの仕事。
そんな石田さんが、
「人に最後まで読んでもらうための文章の書き方」を教えてくれます。

 ★「なるほど」と思ったポイント★
「文章とは書くものではない、読んでもらうものである」(30ページ)
この視点を忘れると、
最後まで読んでもらえない悲劇が待っている。
ゆきあたりばったりでブログ書いてるワタクシには、耳の痛い言葉である。

「すべてのテーマは疑問文である」(32ページ)
この本なら、人の心をつかむ文章を手早く書くコツとは?」がテーマ。
このレビューなら、「どうやって、この本に興味を持ってもらえるか?」。
うぐぐ…、むずかしいね。

 ★スランプさんに送る「なるほどポイント」★
「しっかり考えてから書き始める」p25
「真剣に考えはじめるためのスイッチ、それが書き始めること」p115
「完璧な絶望がないように、完璧な文章はない」p182

上の2つは見事に矛盾してる。
「玉子が先か、鶏が先か」という話だけど、両方正しい。
そして3つめの言葉は、
村上春樹さんの「風の歌を聴け」が元になっている。
「うまく書きたいのに、書けない人」への救いの言葉になると思います。

 ★お役立ちポイント★
たとえば、書き出しの方法。
「クイズ問題を出してみる」とか、「逆説でひきつける」など、
興味を引くテクも紹介。
文章の組み立てのコツについても
「起承転結」よりも、グッと書きやすい順番も提案されている。

 ★まとめ★
この手の本は、ガツガツと何冊も読み漁るもんじゃないと
個人的には思います。
方法論に翻弄されて書けなくなるくらいなら、
ベーシックな1冊を使い倒した方がいい。
私はそう考えます。

なるべく平易な言葉を使って、文章を書く基本が網羅されています。
辞書的にも使えそうだと感じました。
精神論的なことは、最小限におさえられています。(重要)
上記のベーシックな一冊にするかどうかは
読み手次第だけど、良い本だと思いました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事は、レビュープラスさんから献本をいただいた本を
レビューいたしました。
著者の石田さん、出版社の明日香出版社さん、
そしてレビュープラスさん、ありがとうございました。
長くなったので、以下、たたみます。

続きを読む »

【BOOK】ゼロ秒思考

世間は黄金週間2日めですな。
昨日は死んだような一日を過ごしました。
ダラダラしたから疲れが取れるってもんでもないですな。
残念。
さて、そんなダラダラしたワタクシですが
超スピードを扱う本を読みました。
そのタイトルは『ゼロ秒思考』。
図書館で借りました。

  
          
こちらの本ざます。
著者は、マッキンゼー出身の赤羽雄二氏。
あのさ。マッキンゼーという単語。ビジネス本の棚でたまに見かける。
バカ丸出しで書くけど

マッキンゼーって何なの?

ハーバード大学とかオックスフォード大学とか
それと同列に近いエリートなイメージを持っていました。
何なのかは全く知らなかったけど、見かける単語だったもんで。

今回、この記事を書くにあたってググりました。
結局、今も分かったような分からんような・・・
マッキンゼー・アンド・カンパニーという、コンサルタント会社。
直訳すると、「マッキンゼーとその仲間たち」。
どっかの党の名前みたいで笑える(→失礼)
マッキンゼーは創始者の名前。
社歴は割愛。ここでまたギモン。
コンサルって一体何してるの?ってね。
日本風にいうと「相談役」みたいな感じなんだろうけど
日本企業の「相談役」とはちょっと違うっぽい。

クライアントに解決策を示してその発展を助ける業務を行うことである。
     (出典:コンサルティング - Wikipedia)

ものすごく、かいつまんで言うと
「解決策や、発展するためのアイディアを提案する会社」
ってことで良いのかしらね。
知力だけでなく、体力も要求されるハードな業務だそうです。

ここらへんで、そろそろマッキンゼーのまとめに入りますか。
日本にも支社がありまして、著書の多い大前研一さん、
それからワタクシの同世代だと勝間和代さんなどが在籍していたらしい。
ただし、ワタクシ大前さんの著書は未読。

入社するのが超難関で、高収入な会社。
で、メンバーはその高収入に見合うだけの案を
企業や団体に提供する。
前置きのわりに、短くて申し訳ない。
要するに、超デキる人が入る会社。

諸先輩は、キレ者揃い。
そこに入社する元々デキる人は、そんな先輩の指導を受け
ますますデキる人になるのでしょう(想像)。

さて、そんな会社に在籍していた赤羽氏の本。
こんなメモをたくさん書くことを推奨されています。
A4の紙を横向きに置いて
・タイトル
そのあとは4~5行そのことについて
思いついたことをババーッと書く。
書きはじめから書き終わりまで、1分。

60秒です。
だから、ほんとは「0秒」ではなく「60秒思考」ですw

ただし、書いてみると分かるけど
1行20文字程度としても、60秒以内に書くって大変よ?
まず、人の字にならない。 (→ワタクシだけ?)
「長い時間考えたから、良い案が浮かぶ」とは限らないので
テーマについて思いつくことを、とにかく爆速で書くっていうのは
やってみる価値があると思った。

仕事の量は、完成のために与えられた時間を
                 すべて満たすまで膨張する

               (出典引用:『Wikipedia』-パーキンソンの法則)

まさにコレ。
ちょっと無理かも?というくらいをデッドラインにしたほうが
集中せざるを得ないからね。

なんにせよ、手ぶらでボヤッとアレコレ考えていても
ラチが開かないことも多い。
「テーマに沿って書きだす」ということには、もともと賛成。
そこに締切を持ってくるあたり、さすが激務をこなしていた方だなと。
A4メモは1日、10枚程度書き続けることを推奨しておられる。
可能ならば、書いたら良いと思う。
1枚1分なら、10枚書いたって10分だからね。

ただし、諸手を挙げて全面賛成ではない。
このA4メモを、スペースが許す限り
全部取っておけと書いていらっしゃる。
1日10枚として10日で100枚。
1か月で300枚。
これからアレコレ捨てようと思っているワタクシとしては
「それは取っておけないな」と思いました。
紙ごみ、しかも自分が書いたメモの捨てにくさは
よくわかっているつもり。
捨て期限を付けて捨てていかないと
汚部屋まっしぐらだと思われまする。

ちなみに、この記事も、一応
60秒で書きだしたことに沿って
それを引き延ばして(笑)書いております。
参考までに、メモ書きをそのまま写しておきまする

「0秒思考まとめ 20160430
・マッキンゼーって何、そんなにエラいの?
・1分って短すぎね?
・メモを全部取っておくのは反対
・集中するってのは良いかも」


書き出した紙は、こうして記事になったことだし
信念?に基づいて速攻で捨てますw

いたずらに時間をかけなくても、自分なりに頭の整理はできる。
良い方法だと思いました。
以上、ワタクシの感想でございました。
久しぶりの本ネタ。
お読みくださり、ありがとうございます。
左のサイドバーに詳細を表示していますが、
このブログはAmazonのアフィリエイトプログラムに参加しています。


※この記事ではメモ書きの詳しいルールについて割愛しました。
一応ルールがあります。
メモ書きをやってみようと思われる方は
この本を一読されるか、ググってみてくださいませ。


【BOOK】長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい

今日は、最近読んだ
「長く健康でいたければ、背伸びをしなさい」
という本について書きます。

20151110_背伸びの本
レビュープラス様から献本していただきました。
ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて。本のタイトルの中の「健康」はもちろん、
女性の大好物「美容」の観点からも姿勢は大事よね。

この本は、日ごろの姿勢の大切さを
これでもかというほど、本書の中で語っておられます。
おそらく美意識の高い人なら
姿勢の大事さは、言われるまでもないことです。
そうでない読者も想定して、切々とお書きになったのでしょう。
なにしろ、タイトルは美容ではなく、「健康」なのですから。
私としては、早く背伸びの解説に入って欲しいと
チラッと思ったことは、ナイショですw


著者がおしゃる「背伸び」は3種類。
1.手を上げない、かんたん背伸び。
2.腕を伸ばす、しっかり背伸び。
3.座りながら背伸び。
以上、3つ。

やめて10年以上経つが、ダンスを習っていた時期がある。
その頃、自分の姿勢がどう見えるのかを
イヤというほど意識していた。

ダンスのレッスンで、よく言われていたのが
「頭のてっぺんを吊られているような感じ」というアドバイス。
その意識を自分なりに突き詰めると
本書に書いてある「耳の後ろを上に引き上げる」
そういう感覚に至った。
これは、「かんたん背伸び」そのもの。
これだけで姿勢問題の半分近くはクリア
そう言ってもいいかも知れない。
吊られるでは、アゴの引き具合に迷うんです。
私は迷った。
でも耳の後ろなら、アゴを上げすぎたり
引きすぎたりすることもなく、良い感じに思えたのです。
なので、正しい姿勢がよくわからないという方なら
このフレーズを知ることができるだけでも
この本は「買い」と言えるかも知れません。
私が何年か姿勢について試行錯誤した上で得た
「耳の後ろ」を、ズバリ言ってるんだもん。

ただし、耳の後ろだけで解決しないのが
肩を前に巻き込んでいる人。私もデス。
そういう人は、肩回りにちょっと難あり。
本書でいうところのしっかり背伸びをすると
肩回りがほぐれていいだろうと思う。

ただひとつ、改善点を上げるとしたら
イラストなど図解が欲しいと思いました。
この本は文字オンリーなのです。
写真や図解、イラストが全くありません。
ある程度、姿勢について突き詰めた経験のある人は
文字オンリーでもイメージできるけど
そうでない人は、どうなんだろうと思います。

姿勢というのは、鏡を見ればチェックできるけど
日常生活で四六時中、鏡チェックなんかしていられない。
だからこそ、感覚で捉えるしかない
それで、絵的なものは付けなかった。
ということなら、納得できる。

姿勢など、体の使い方を極めるのは
一筋縄でいかないかも知れない。
「耳の後ろ」は私にとっては、重いワンフレーズだが
「上から吊られる」がキーワードと言う人もいるだろう。
ダンスの先生は、そういう表現をされる人が多かった。

姿勢の大切さを再認識するには
良い本だと思いました。

【BOOK】節約の王道

今日は、日曜日。
日曜は、だいたい図書館に立ち寄る。

本のジャンルを、一定期間決めて
その分野のものを集中的に借りることがある。
といっても、同じ分野のものを1度に何冊も借りることはない。
理由は単純。
読み切れないから。

一時期、
「図書館に行ったら、お金に関する本を1冊は借りる」
そう決めていた時期があった。
最後まで読み切れなかった本もある。
でも良しとしている。
知識が追いつけば、いつか読了できる本も増えるはず。
今も目につけば、お金関係の本を借りる。

先週も借りたけど、今週も借りた。
で、借りたお金の本を一気に読んだ。

今日読んだのは「節約の王道」。
林望さんの著書。
読み方は「ハヤシ ノゾム」さん。
リンボウ先生という名前で、お顔は拝見したことはあるが
著書を読むのは初めて。
読みものとしては、読みやすくスラスラ読める。

目次を拾っていくと…
食、お金の管理、交際費、衣服と車、
旅行、趣味、教育、住まい、節約と人生。
それぞれ章ごとに分けて、書かれている。

1円でも安いスーパーで買え
といった、節約ノウハウの本ではない。
そういうのは、別の本に期待しましょ。

リンボウ先生の、「お金の使い方」の本。
真似できることは少ないというか、ほとんどナイけれど…
なるほど、こういう考え方もあるのかと思った。
読後の感想なんてのは、人によりけりでしょうな。
※追記※
尼のレビューを見たら、散々で、笑えました。
違和感を感じた部分は、なるほどと思えたので
                   ※追記終わり※


お金と、時間の使い方は人それぞれ。
お金は、ごく一部の富豪を除いて
人が稼ぐ金額というのはある程度限界がある。
つまり限度、制約があるということだ。
人生が何日あるかは、人それぞれだけど
金持ちも、ビンボーな人も、王族も平民も
どなたさまも1日は24時間だ。
つまり、お金も時間も「制限がある」。
でも、使い方のうまい人と、そうでない人がいるよね。
だから、他人はどう考えてるのか興味がある。
他人のお弁当や、バッグや化粧ポーチの中身を
見るのが楽しいという感覚に少し似ている。


そういう「興味」をお持ちの方なら、
リンボウ先生の「節約の王道」を読んでみるのも
面白いかも。
逆に「つまんない」と言う人もいると思う。
→ビミョーっていう意味ではなくて、お金の使い方などに
確たる哲学をお持ちの人は読む必要はないと思います。


では、今週も良い1週間を☆

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE