プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっすぐ。

私には、妙なクセがある。
欲しいものは明確に分かっていても、
それをまっすぐに取りに行かない。
覚悟が足りないのか、何なのか。

たとえば、買い物ひとつ取ってもそうだ。
シャネルのフェースパウダーを買うと決めて家を出ているのに
カウンターに行かずに、よその店を回るとかね。
他のメーカーのフェースパウダーを見る、とかじゃないよ。
まるで関係のない書店に行ったりするのだ。

でも、頭の中はシャネルのパウダーのことが離れないので
目の前の本にも集中できない。
どっちも中途半端。
それを自分が楽しんでいるとも思えない。
なにより、これではあまりに時間がかかるし
体力も消耗してしまう。

先日は、早い段階でソレに気がついたので
心の中で自分を叱り飛ばしました。

まっすぐ取りに行かんかい!

その後すぐに、シャネルのカウンターに行ったのは
言うまでもありませぬ。
ちゃんと決めてるなら、まずソレを取りに行ったらいいじゃないのと。

こういう妙なクセ、改善したいと思っている。


お読みくださり、ありがとう。
昨日の大相撲記事は、期間限定記事としました。
そのうち、消えます。
拍手くださった方、ありがとうございました(嬉)

では、また。
スポンサーサイト

【BOOK】スランプなブロガーに捧ぐ。「一瞬で心をつかむ文章術」

最近、ブログの更新が滞りがちな浅田です、こんにちは(^^)/
そんなワタクシに「この本、読んで出直しやがれ」という思し召しなのか
一冊の本が送られてきました。
読み終わったので、レビューします。

タイトル:一瞬で心をつかむ文章術(amazonさんのページに飛びます)
著者  :石田 章洋(いしだ あきひろ)さん (放送作家)
一瞬で心をつかむ文章術

 ★こんな人におすすめ★
特におすすめしたいのは、今の私のように
ちょっと更新が滞っちゃってる(困)
そこのアナタwでございます。

 ★ザックリわかる本の内容★
「世界ふしぎ発見!」(TBS)、「TVチャンピオン」(テレビ東京)など
人気の高い番組を担当されている放送作家の石田さん。
「次はどうなるんだろう?」「何が出てくるんだろう?」と
視聴者をワクワクさせることが、放送作家石田さんの仕事。
そんな石田さんが、
「人に最後まで読んでもらうための文章の書き方」を教えてくれます。

 ★「なるほど」と思ったポイント★
「文章とは書くものではない、読んでもらうものである」(30ページ)
この視点を忘れると、
最後まで読んでもらえない悲劇が待っている。
ゆきあたりばったりでブログ書いてるワタクシには、耳の痛い言葉である。

「すべてのテーマは疑問文である」(32ページ)
この本なら、人の心をつかむ文章を手早く書くコツとは?」がテーマ。
このレビューなら、「どうやって、この本に興味を持ってもらえるか?」。
うぐぐ…、むずかしいね。

 ★スランプさんに送る「なるほどポイント」★
「しっかり考えてから書き始める」p25
「真剣に考えはじめるためのスイッチ、それが書き始めること」p115
「完璧な絶望がないように、完璧な文章はない」p182

上の2つは見事に矛盾してる。
「玉子が先か、鶏が先か」という話だけど、両方正しい。
そして3つめの言葉は、
村上春樹さんの「風の歌を聴け」が元になっている。
「うまく書きたいのに、書けない人」への救いの言葉になると思います。

 ★お役立ちポイント★
たとえば、書き出しの方法。
「クイズ問題を出してみる」とか、「逆説でひきつける」など、
興味を引くテクも紹介。
文章の組み立てのコツについても
「起承転結」よりも、グッと書きやすい順番も提案されている。

 ★まとめ★
この手の本は、ガツガツと何冊も読み漁るもんじゃないと
個人的には思います。
方法論に翻弄されて書けなくなるくらいなら、
ベーシックな1冊を使い倒した方がいい。
私はそう考えます。

なるべく平易な言葉を使って、文章を書く基本が網羅されています。
辞書的にも使えそうだと感じました。
精神論的なことは、最小限におさえられています。(重要)
上記のベーシックな一冊にするかどうかは
読み手次第だけど、良い本だと思いました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事は、レビュープラスさんから献本をいただいた本を
レビューいたしました。
著者の石田さん、出版社の明日香出版社さん、
そしてレビュープラスさん、ありがとうございました。
長くなったので、以下、たたみます。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP