プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

助成金の延長申請。

今日は火曜=注射の日。
ついでに2週間に一度の採血の日。
あーんど。
7月になって最初の通院日なので支払いの日。
すっかり忘れておって、クレカで決済(汗)
そのクレカの引き落とし口座の残高は158円。
滝汗どころではない。
火の車ならいいが、破たんと言うべき状況。
事実上の借金生活に突入。
なんとか親に迷惑をかけずに何とかしたい、焦る。

そんなこんなだが
治療費の助成期間の終了が迫っており…@8月末。
ワタクシの治療は来年の3月まで延長の予定。
半年の延長の申請手続きのため、病院の帰りに保健所へ。
説明を聞き、用紙も頂いて
もう一度病院にとんぼ帰り。
診断書の依頼をしてきた、やれやれ。


私と同じ病気で闘病生活の先輩、オール巨人さん。
 >夏場はへたりました。車にバケツ積んで劇場に向かった。舞台上で貧血で真っ白に
 ⇒オール巨人、C型肝炎の苦悩を激白

72週完走するって並大抵のことじゃないと
前の担当医にクドいほど説明を受けた。
オール巨人さんの治療は、あと2~3週で終わるとのことだが
還暦目前で、しかもこの暑さ。キツイだろうな。
必ずSVRを保障されてるわけじゃないし
ずっと闘病のこと考えてたら、
どんな人でもおかしくなる気がするよ。

そんな理由もあって、彼のブログもたまにしか拝見しなかったけれど
やっぱり頑張ってた姿に元気を頂いたこともあった。
無事、SVRを勝ち取って欲しいと願っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週、浅田が住んでる自治体の広報が届いていた。

ねぇ、そういうの、みんなちゃんと読んでるのかな。

正直なところ、私は一人暮らしを始めるまでスルーだった。
30歳すぎるまで存在も知らなかった。
法的にどうにかしたいことがあって
友人に相談したときに、彼女に教えてもらって知った。
役所ってところは、「こんなに助かる制度があるんですよー」
っちゅーことを大々的に教えてはくれない。
制度があることすら知らないと問い合わせすらできない。

知らない=損をすること。(ここ最重要)

文学やら何やら本を読むのも良いが
雑誌やら何やらでセンスを磨くのも良いがー
広報ってのも押さえておきたいなと思うこのごろだ。
本題はここからじゃ。(前置き長いw
先週来た広報で知ったのだが、

浅田地方の自治体は
今もウィルス性肝炎の検査、無料!

今年の1~3月まで、誰にも頼まれてないけど
勝手にw「肝炎ウィルス検査を受けよう」キャンペーンを貼っていた。
3月末で一応終了したが、
広報見て、焼けぼっくいに火がつきましてんwww

何年も健康診断受けてない人とかね。
健康診断、がん検診と一緒に
ぜひ受診してくだされ。

自分の体のことは自分が一番わかっとる!
私も1年前までそう信じておったので、
自分がこうして闘病生活をしているなんて
悪い夢でも見てるのかと思う。

肝臓は「沈黙の臓器」。自覚症状なんてないに等しい。
逆にいえば、自覚症状が出てきたら
命のおしまいが近いのよ(怖)
詳細は、キャンペーン記事へドゾ!


3月すぎて、まだ受けてなくて
ちょいと不安なかたがいらっされば、
お住まいの役所に問い合わせてくださると良いかと思う。

ちかごろ話題のB型、ワタクシが闘っているC型
特徴に多少の違いはあれど、両方とも厄介だからね。

なお、お子さんをご出産されたり
病気や怪我で手術を受けた経験がある場合、
あらかじめ病院で検査をされている場合もあり得える。
過去の健康診断や血液検査の結果をさかのぼって確認してもいいかも。


今年も自治体の「健康診断のお知らせ」が届いた。
今通院してる病院は自治体の健診やってないから
別の病院で予約とって、これも行かないとなー
この記事をうっかり読んじゃったアナタ。
最後まで読んでくださり感謝、ありがとう。
ぜひ健診も行って、元気な体をキープしてちょーだいね☆

<< そなえる。 | ホーム | できたこと&できないっぽいこと。 >>


コメント

自治体の広報は読んでる方だと思います。

私は2年に1度実施されている、自治体の子宮がんと乳がんの検診を受けていて、
今年は受けないとなーと思って、毎月日程をチェックしています。
でも休みを取らないといけないから、問い合わせるのが面倒でそのまま。
(そういうのが良くないと思いつつ)

と、そんな中、数日前に自治体から子宮がん検診の無料クーポンが届きました。
(大きな声では言えないが、これはキリの良い年齢になると送られてくるもんなんですよね)
いつも、集団検診で受けるのですが、今年は集団検診の日数が少なすぎる。
今からだと9月以降しかない。(近場でやっているところは)
仕方ないので、検診を実施している医療機関でと思うが、これも少ない…
いくら無料クーポンを配布してても、これだけ検診できるところが少ないのはどうかと思うが。
乳がん検診(うちの自治体は年齢関係なくマンモです)は設備が必要だから仕方ないかもしれないけれど。
会社などで受ける健康診断でも対象に出来るかもしれない。勤め先は出来たような。

乳がん検診が出来るところは、近所では肝炎検査をしたところ(←ヤブと有名な。笑い)しかない。
子宮がんは近所の産婦人科で受けられるのですが、そこは産科に特化していて、
(HPでも妊娠から出産までのことは書かれているが、自治体の検診が受けられますの一言も書かれていない)
やっぱり、独身だと産婦人科は敷居が高い…(婦人科だけだと、もう少し敷居も低いんだけどなぁ)
そう文句も言ってられないので、問い合わせて受けてきます。

数年前に友達と話していて、婦人科検診を受けたことがないと言ってたけど、
そういう人にこそ、無料クーポンが役に立ってくれたらと思いますね。

逢坂さん♪

こんにちは^^
自治体の広報って大事ですよね。
以前の私は、地味そうで表紙見ただけでスルーでした(恥)
そもそも大事な情報は地味なものかも知れません。

無料クーポンって、魅力的ですー
お勤めしていらっしゃると、休暇を取っての調整が確かに難でしょうね。
私も普通に勤めていたら、受けていたかどうか。。。
肝炎はたぶん普通の健診でひっかかっていたと思いますが。

うちの近所も婦人科は多くなくて、少し離れたところにある婦人科はヤブで有名。
ついでに脱税で検挙歴もありwww
そのようなところに行く気にはならなくて、産婦人科に行ったことあります。

>そういう人にこそ、無料クーポンが役に立ってくれたらと思いますね。
ほんとに、もっと敷居が低くなってくれるといいのにと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP