プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

やおよろず。

こんまりさんの本の感想のつづき。

  

こんまりさんは今は個人レッスンの受付をされていないらしいが
本の文章よりも、相当キビシイ指導をされるようだ。
もし縁あって指導を受けられたとして
根性ナシの私のこと。
タジタジとなるか、
尻尾を巻いて逃げたくなるのが関の山っぽい(苦笑)

そんなこんなな妄想が頭を駆け巡るのであるが
私が著書を気に入った理由。

・すべてのモノは、縁あって自分の元にやってきた
・モノをねぎらう気持ち

思い切りよく捨てるとか、
著者の厳しい指導の姿勢などではなく
(Mじゃないって書いたよねw)
この2点に尽きる気がする。
ひとり暮らしをたたむときに、家具やら家電やら
あの暮らしを支えてくれたモノに、
「おセンチすぎる」くらいの愛着を感じた。
執着と言い換えてもいいかも知れないほどの勢いで。

あの経験があったから、
アマゾンのレビューで見かけた、
モノを「うちの子」と擬人化する著者の感覚に違和感というのは
私の場合、まったく感じなかった。
「子」かはともかく(笑)、縁あって私の手元に来たモノたちだもん。
ひとつずつ、自分で選んで
自分の働いたお金で買ったからという理由も
もちろんあるけれど。
ならば、もっと大事にできたはずなのに
という気持ちも心の中にある。

著者が主張されている、モノをねぎらう気持ちというのは
日本古来からあった
「万物を八百万(やおよろず)の神として尊重する」
そういう思想に通じてるような気もする
と思うのはオーバーだろうか?

実際のところ、日常的に私がそういう態度で
自分のモノたちに接しているかといえば
残念ながらNOだと思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日、国営放送で「栗原はるみ」さんの特集をやっていた。
たまたま見たんだが、彼女の言葉の中に
「普通の暮らしこそ、しあわせ」というのがあった。

今年はあの大きな震災があって
それをきっかけにして
似たような気持ちになったヒトも少なからずいるかもなと
想像する。

だからなのかな。
毎日じゃなくてもいいと思う。
自分の暮らしを支えているモノのこととか
感謝という視点で見つめ直す機会を持つのは
足元を見直すことにつながるんじゃないかしら。
もちろん、いろんな視点で見つめた方がいいのは
モノだけじゃなくて
家族とか、友人とか、仕事とか
いろいろあるんだけど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんまりさんの本を読んで
たぶんまず最初にやるべきことは
捨てる前に、理想の暮らしを考えることだと思うんだが
まずは、日ごろ使っているパジャマとか
感謝しながら、たたんだりしている。
最近の私はこれを
「やおよろず感謝キャンペーン」と呼んで
楽しんでいる。

相変わらずセンスねーゼなネーミングで「ひとり遊び」したり
つべこべ言ってねーで、
早く着手しないかっ!
そんなツッコミごもっとも。
私もそう思う(爆)

<< 大人の健康・カルピス~フルーツミックス味~ | ホーム | エム、ではないが。 >>


コメント

わたしもー

こんまりさんの本、買いました。

1月に買って、時間のあるときに本の通りにやっていましたが、
地震→計画停電で中断したままフェードアウト(汗)。

でも、以前よりは物を処分しやすくなったように思います。
なんていうか、ものを解放してあげるイメージでしょうか。
「今まで、使いもしないのにしまいこんで、
ぐちゃぐちゃ埃まみれにしててごめんね」
・・・みたいな。

「ごめんねごめんね」って言いながら、ゴミ袋に突っ込んでますけどねw

「やおよろず感謝キャンペーン」
なかなかいいと思いますよwわかりやすくて。

そのとおりですね

浅田さん、お久しぶりです。はらっぱです。
今日のブログの内容、本当にそのとおりだと思いました。
私もそんな意識を忘れないようにしながら、暮らしたいです(^-^)

お返事です♪

>えいとさん♪
こんまりさんの本、ずいぶん前から話題でしたよね。
ワタクシ、だいぶ後からついてゆきますw
今年の春は、ガツンとやられましたもんね。
いろんな価値観を吹き飛ばす衝撃でした。
あの作業、モノと対面しつつも
トドのつまりは、自分の価値観にイヤでも向き合うわけで
その価値観が根底から問われてしまったのですから
作業がフェードアウトしても仕方なかったのではと思います。

>「今まで、使いもしないのにしまいこんで、
>ぐちゃぐちゃ埃まみれにしててごめんね」
あーコレ、わかる気がするー
なんだかせつなくて泣けますよぅ。
でもゴミ袋w

キャンペーン名、ほめてくださって
ありがとん☆

>はらっぱさん♪
「渡る世間は鬼ばかり」じゃないけど
日々生活してると、それぞれ色々あって
そういう目の前のことに、つい感情が流されるんだけど
根底にあるのは、やっぱり日々の「普通の暮らし」ですよね。
久しぶりにお話できて、うれしいです♪
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP