プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

セレブとセレブリティ。

今日は遅めの起床。
ゆっくり朝ごはんを食べてから、割と好きな作業。

カップ類の漂白

これをしておる。
浸け置き中ザマス。
うっすらと茶色くくすんだカップが
スカッと真っ白に輝く。
結果がすぐ出るし、分かりやすいので、
「快」を感じやすいのだろう。
洗面器に張った漂白液の中にカップを沈めて
ついでに、サーモスのケータイマグの栓ユニットも分解して投入。
今日の漂白液は「塩素系」。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて久しぶりに、最近読んだ本の話など。

今回は<節約系>
 画像クリックで楽天ブックスさんに飛びます。



セレブの~なんていうタイトルは、手に取るのもおこがましい
そんな冴えない暮らしの私であるが
図書館で目に付いたので、とりあえず借りてみた。

以前の記事にも書いたけれど、
支払う対価を、多くの人が必要以上に惜しんでいた結果が
今の日本経済の状況を作った要因のひとつだと思うわけよ。

あれからもずっとアタマの片隅にあって
じゃあ、自分には何ができるんだろうとか
どうやって暮らしたいんだろうとか、考えているのね。

今使える自分の手持ちのお金は多くなく
全部を上質で良いものに、
それにふさわしい対価を払える身ではない。
持っているお金をどう配分するのか?
要するに、自分にも他人にも実になるようなお金の使い方。
ひょっとしたら、私は自分にそれを問い続けているのかも知れない。

きっと明確な答えなんかないし、絶対的な正解もない。
自分のアタマの中のことは、機会があれば追々。

ここから本の所感。長いのでいったんたたみます。

さて、ピンク色の表紙がかわいらしい
この「セレブの本」であるがwww
この著者の文章とワタシは、あまり相性が良くないのかもしれん。
過去にも別分野の本を読んだことがあるけど、
タイトルは惹かれるんだけど、中身は感じる部分が少なかった印象。
(ごめんなさい、あくまでも私の場合です)
内容とタイトルのミスマッチ感については、
著者がどうのっていうよりも、出版社とか編集の人の問題なのかな。
出版するんだから売れてナンボだもんな。

良いことも書いてあるんだけど、
やっぱり、まずは何よりもー、
「セレブ」という略語。
タイトル的にはソレでいいんだろうけど
ちゃんとした言葉は「セレブリティ」。(と、何かの本で昔読んだことがある)
マスコミで垂れ流してるよりも、実際の数はウーンと少ないと思われる。
第一、セレブリティは自分で「セレブ」を連呼しないんじゃないかと。
ツッコミどころはソコじゃないと思うんだけどwww
そして、そんなタイトルの本をレジ
あるいは図書館の窓口に出す小恥ずかしさもある。
それでも他の本にまぎれさせて~
薄いツラの皮(皮膚弱くて薄いんデス)を、超ブ厚くして借りる
それはワタシw
だって、知的?好奇心には勝てないじゃないかっ、笑

1冊の本の中に、2つほどの大きな矛盾も存在。
ひとつは「カード」のことだ。
普通の人が普通に持てるカードをもつ意味がない。
メリットがすくないから。
セレブは「プレミアムカード」を持ちますなんて書いてあるけれど
一方では「セレブ」は「見栄を張ることを嫌う」そうなんだ。
普通の人とは違うって、見せたい願望はまさに「見栄」じゃないのかね?
などとイヂワルな私は思ったりするのよね…
もうひとつの矛盾の指摘は省略しておくよ。

次に良い点。
「外見」「健康」は大事よってこと。
書いてしまうと至極当たり前のことだが、
たくさん見聞きしていても、なかなか冴えない人から抜け出せないヒト。
それが私だ。
ひとたび頑張る時はあるんだけど、長続きはしない。
それがワタシ。(エバるなw

いたずらにお金をかけることでもなく、
手間暇=時間をかけることでもなく、
毎日徹底的にできる、
つづけられることをしましょうってことが書いてある。
そこは、再認識という意味では良かったと思う。

ハイティーンから30代前の女子なら、
そして、節約本を読んだことがないヒトなら、
一度読んでみてもいいかもしれないけど
それ以外の人は、他の本をあたった方がいいかも。

節約というか、お金の使い方については
もう少し「お堅い本」を探すほうが良さそうな感触。

<< にぎりめし。 | ホーム | モンステラ・2012初夏。 >>


コメント

まきさん、こんにちは~!^^
ほんとだね~タイトルがこっぱずかしくて買いにくい(借りにくい)本ってあるよね。
私はアレ、世界一の美女になるダイエットとかっての。
美容と健康法でためになりそうで気になるけど
タイトルが壮大でさ・・「ちょっとでも美女に近付きたい人のための」とかだったら良いんだけど(てへ)

まきさん色んな本を読んでいていいね~!
この本のタイトルはセレブと節約って言葉が結びつかない感じで、そこがミスマッチでいいのかねえ?

>okayuさん♪

okayuさん、こんにちは^^
そうそう、持ってくのに恥ずかしいタイトルの本でしたw
>私はアレ、世界一の美女になるダイエットとかっての。
ブホッ(笑)、ソレも例によって
図書館で何冊かの本にまぎれさせて借りたことがあります。
そして、やっぱり恥ずかしかった!

>この本のタイトルはセレブと節約って言葉が結びつかない感じで、そこがミスマッチでいいのかねえ?
うんうん、そんな感じですね。
まえがきにも「セレブが節約?なんて思うでしょうけど」みたいなことが
書いてありました。

>まきさん色んな本を読んでいていいね~!
ありがとうございます。
俗っぽい本が多いですけど、楽しみながら読んで
お知恵を拝借できたらラッキーなんてのは建て前でして、
本当は一種の娯楽であります、えへ。

昔は「ハイソ」「アッパー」って言ってたのにね

ミス・ミナコ・サイトウとかなつかしー。
ロウワーな方達(俺だよ俺)とどう違うかを語る美奈子。
ポジティブシンキングが肌に合わなかったが、後に「波動」界隈の
話が出て来てああなるほど、でしたね。
商売の波動に、自分がはまって亡くなってしまった。

プレミアムカードはね、空港のラウンジが無料なの。
ビジネスクラスで飛び回ってる人にはお得なの…
ハイクラスwな冊子が、毎月送られて来て投資を薦められたり…
ないわーw

「金持ちはケチ」ってタイトルだと売れないんだきっと。
図書館で借りるのにはどちらがハードル高いだろう。

>インデックスさん♪

アッパーとロウワー、キタ━(゚∀゚)━!!!!!
あらいやですわ、ミス・ミナコ・サイトウをご存じだなんて!
まにあっくで、なんだか嬉しくなってしまいました。
やっぱりインデックスさんは引き出し広いです。
ワタクシがこの方を存じあげているのは、
この方が当時の職場研修にいらしたからです^^
その流れで、ごあいさつだけしたことがあるんです…
ってどんな職場研修だって話ですねー、笑
メイクアップがすごかった、鳥さんのようで。
でもやさしく質問に答えてくださったのが印象的でした。
その後、本買いましたもん。
ロウワーなワタクシが読んでも、おもしろかった!
私がおもしろがって読んでいたのはポの時代です、てへ。
ちぃともポジティブにならんかったけど(爆)

図書館でハードルが高いのは「節約」ですかね。
「ケチ」だったら、自分の場合は似合いすぎて、
違和感ないでしょうから、トホホ
⇒このへんがロウワーwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP