プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

眺める。

唐突だけど、、、
いわゆるベンキョウは苦手だが、本を読むのは好き。
これは昔から。

いわゆる古典の文学を読むタイプではなくて
もっと軽いもの、実用書と呼ばれるようなハウツーもの、
ウツを患ってから少し控えるようになったけど自己啓発モノが多い。

私にとって「本を読む」という行為は
いわゆる「読書」とは違うのかも。
「通販のカタログを見る」ことに限りなく近いんじゃないかと
最近思っている。
読むというよりは「眺める」という言葉がしっくりくる気がする。
いろんなブログさんを拝見するのも好きだけど
ソレに似た感覚なのだろう。

最近読んで良かった本いきまーす♪
(全部図書館で借りた)

家じかんを楽しむ65のヒント家じかんを楽しむ65のヒント
(2009/08/31)
伊能勢 敦子

商品詳細を見る

最近読んでなかったけど、
人の「おうちおやつ」などを、サラッと読める本は好き。
この本もそんな感じ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うきうきキッチンガーデン―ずぼらガーデナーのやさい日記うきうきキッチンガーデン―ずぼらガーデナーのやさい日記
(2008/08/27)
大橋 明子

商品詳細を見る


マンガ+エッセイ+数ページが写真という構成。
食べられるもんを育てる喜び!
というスピリッツを感じて、強くうなずくイヤシ系のワタクシ。
でも、一緒にして語るのは大変失礼。
今の私が育てている現役?は「青しそ」だけだから、笑
(イチゴは袋かけのおかげで、その後トリに食われることもなく
2週間くらい小さい実を少しずつ食べられたよ!)

ちょっとした豆知識や、有益情報の記載もあるけれど、
育て方の本というよりは、エッセイだと思う。
虫との格闘とか激しく共感する部分もあって楽しめた♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

YOMEちゃんの家飲みレシピYOMEちゃんの家飲みレシピ
(2010/06)
大井 純子

商品詳細を見る

治療が終わっても、いまだに「飲酒はドクターストップ」なワシ。
だが、父は毎日晩酌。
母も毎日でないけど飲む。
ほとんど母が作るが、たまに自主的に1品作ることもあるし
「たまには何か作りやがれ」と怒られて
渋々作ることもある。
時間と手間をたっぷりかける気持ちは薄い。
愛が足りないとも言う(爆)
自分もソレ食べるくせに(苦笑)
ということは、下記のような条件を念頭に置いたレシピが求められる。
「下ごしらえ少なめで簡単で、目先の変わったもの」
そういうレシピも何個か載っていた。
そして「実際に作ってみた」
さらに。
食べてみて「また作ってもいいな」と思えるものがあった。
この2つの条件をクリアする料理本は多くない。
そういうレシピがひとつあれば、私的にはクリーンヒット。
家呑みレシピでヒットって、意外に少ないので(註:浅田まーけてぃんぐ調べ)
なかなか貴重。(註:私基準)


今日も図書館に行ってきた、ワクワク♪

<< 娯楽三昧。 | ホーム | 35点をめざす。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP