プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

短所は欠点?

おはよう
意味もなく予約投稿にしてみるw

ここんとこ読んでる本があって
創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)ってのを読んでるんだが、
まだ途中なんだけど、、、おもしろい!
絶賛しといて何だが、
おもしろくない人には全く心に響かないかも(汗)

ちなみに著者の主張する工作は、私が手に取ったときに
頭に浮かべたソレとはちがう。
私は「図画工作」とか「手芸ちっくなもの」を想像したから。
著者にとっての工作は、まさにモノづくりなんだな。
平らな金属の板を加工して、飛行機の形にして
エンジン載せて飛ばすとか。
………。
ヒコーキは見るのも乗るのも好きだが、
作ってラジコン飛ばそうとは思わない。
私が踏み入れないであろう領域w

それでも「想定外のトラブルはつきもの」とか、
ブキッチョな私は、「そーだそーだ」とうなづいてしまうのだ。
そしてトラブルの原因に固執してしまうのも
なんとなくわかる気がする。
そこを神経質ととらえるのか、
「それこそが、作ったり修理したりするためのセンスである」
そのように理解するのかで180度ちがうと思うのだ。

自他ともに認めるズボラーだが、まちがいがあった場合、
「原因が何だったかわからないままでは気が済まない」
そういう神経症的一面があり、仕事先でもそう言われる。
決して良い意味ではない。

自分でも、そういう性格をもてあまし気味なので
それは必ずしも悪いことじゃないんだよと言われてるようで
味方の意見を聞いてるようで嬉しい。
そして、その性格を改めようという気はないらしいwww

「悲観的思考」がモノを作る際のセンスのひとつということかな。
一般的にはポジティブが善であり、
ネガティブって言葉は悪い意味で語られることが多いので
これは新しいなと(浅田基準)
よく短所は長所になりうるって聞くけど、納得できなかったけど
こういう説明されたら、ストンと腹に落ちる。
違った視点で見てみると、元気出るなぁと思った次第。

<< 昔のお坊さんって、食いしん坊だったのかしらね。 | ホーム | 今週を振り返り。 >>


コメント

おはようございます☆(午後だけど。笑)

物づくりの『思考』ですか~ とっても面白そうですね!
私も「ヒコーキ」はこの先作る事はないと思いますが(笑)
読んでみたいです。図書館で借りようと思います!
(さっそくネットで予約しよう☆)

>まちがいがあった場合、
 「原因が何だったかわからないままでは気が済まない」
わたしもおんなじです…もてあましております。。。笑
その性格どーにかならんのか!と何度思ったことか・・・

>梅子さん♪

梅子さん、おはようございますi-1(夜だけどw⇒真似してみました。)
わたくしも図書館で借りました。
なんとなく目に止まったもんですから。
梅子さんはDIYもされるので、私とは違った視点で読めるかもしれないですよ☆
楽しめるかは謎です(絶賛しといて無責任、苦笑)
そして記事中の解釈は浅田個人の曲解も入っているので(えー?)
読みながら、「ぜんぜん違うやないか!」とツッコミたくなるかも。
……ここでさりげなく弁解しておきます、えへ。

仕事場では、「気が済まんヽ(`△´)/ うぬぬ…」とやっていると
「引き剥がし」に入ってくださる人がいるので、
助かりますが、心の奥底では根に持ってます(怖)
引き剥がしてくれた人にではなく、原因解明に執着。。。
覚えてますよ、長い間。
自分でも疲れるけど、仕方ないですね (´Д`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP