プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手

2018年の抱負のようなもの
「小さな成功を積み重ねます」
「適度なうるおいを保ちます」
良い1年にしようと思います!

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。
(相互リンクの受付は停止中です)


当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のお坊さんって、食いしん坊だったのかしらね。

あすは、土用の丑ですな。
私の母方の祖母(故人)も、母も、そしてワタクシも
うなぎ丼は好物ざんす。
父は蒲焼きの見た目からして、食欲がわかないのだそうな。
想像だが、たぶん皮の見た目だろうなー
味は美味しいけれどね。

そして、近頃のテレビをにぎわしてる話題は
うなぎの稚魚が減っていて
もしかしたらワシントン条約の中に入れられて
食べられなくなるかもしれんというニュースだ。
そんななか、今年はウナギ食べるのかな、どうなのか分からない。
(食材選びは、主に母が担当)
ただ、年に数回は食べていた気がするが
最近は1年に1度食べるか食べないかになった。

だからというわけではないが、
うなぎ丼の代用になるものを、少し早目にお試ししていた。
(相変わらず食いしん坊だ。バンザイ)

・「さんまの蒲焼き」(缶)を少しあたためて、ごはんに乗っけて食べる
・水切り豆腐を崩して、焼き海苔に乗せて焼くか、揚げ焼き
 そこにタレをかけて食す(精進料理の一種なのかしら?)

この2つをやってみた。
もうしわけないが、画像はない。
さんま缶レシピは、缶づめ使ったおつまみレシピ的な本で見かけたのを
ウロ覚えでやった。
わさびを塗って脂っこさをカバー。
別モンだけど、なんとかイケる。

次。水切り豆腐編。ネットレシピをいろいろググってテケトーに。
すりおろした山芋混ぜたった。
水切りが甘かったのか、山芋多すぎたのか
ちょっとベッチャリ。
味は「豆腐+焼き海苔、しょうゆ+砂糖+みりん」。
つまり。タレの味にほんのり豆腐風味を感じる食べ物だった。
海苔はいい仕事をしていたと思う。
うなぎの皮に見立ててるんだね。
見た目は、水分の兼ね合いでうまく焼けず(トースター使用)無念…
山椒の粉をかけて、かなりごまかして食べた。
別の食べ物としてなら、普通の食べ物だった。(どーゆー表現www)
美味しく作りたいなら、
ちゃんとした精進料理の本を見て忠実につくらないとダメなのかも。
(昔、器用な従弟がそのテの本を見て作っていたことがある、坊さんじゃないけどw)

そこでタイトルの言葉になるわけよ。
ウナギの蒲焼きに似せた料理もそうだが、がんもどきも然り。
昔の人の知恵はすごいと思うんだけど、
規則で殺生はイカンと言われても、食べたかったのだろうねぇ。
もしも昔の坊さんが私に会ったら、
「その言葉。そっくりそのまま、おぬしに返してやるわ」
きっとそうおっしゃっるに違いない。
あぁ、そうさ、ワシは食いしん坊さ=3(なぜ逆ギレw

チャレンジそのものは楽しかったよ、なんだかワクワクして。

<< 今週の振り返り<7/23~29> | ホーム | 短所は欠点? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP