プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとやま。

先月に受けたウイルス検査の結果が出た。
実は結果を聞きに行った日の朝、
イヤな夢を見た。

なぜか病院に私の兄がいて、
「このままだと早くに死んでしまうから、肝移植を受けてくれ」
などと私を説得にかかっている夢。

あー、やっぱり再発してるんだな

落ち込むでもなく、たぶん事の重大さを受け止められずに
淡々とそういうことを考えてる感じ。
思い返せば、C型肝炎と分かった時も淡々としてたなー
信じたくなかったけど、心のどこかで陽性かもしれないと
一応覚悟していたから。
で。後から、ドドーッと不安な気持ちやらが出てきたんだが。
反応がニブいだけかも、苦笑

こういうことが夢に出てくるということは
やっぱり不安な気持ちがあるんだなと。
治療自体はもう終わったんだし、
今さら自分がジタバタしたって、何かできるわけじゃないし
気にしないように、考えないようにしてたんだけどね。

で。現実の話に戻ることにしよう。
先月の検査結果は、ミケンシュツ。

治療後の3ヶ月がひとつのヤマと聞かされていたので
まずは「ひとヤマ」越えた。
今のところ再燃していないということ。
この先、再燃の可能性はゼロではないけれど、
今くらい喜んだって良いではないか。

喜べ、自分!

以下、長いし楽しい話じゃないのでたたむわね…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて。
新聞の端っこに「政府広報」ってやつが載ることがあるんだが
そこに「B型肝炎ウィルス検査を受けましょう」
ってのが載ってるのを、最近見つけた。

昭和23年から63年間の間、
7歳までの集団予防接種を受けたことのある人

これが主な対象らしい。
私が感染したC型も十分すぎるほど厄介だが、
B型肝炎ウィルスも別の意味でやっかいだ。
C型はゆっくり進行して、気づかぬうちに
肝炎→肝硬変→ガンと進行するが
B型は、いきなり肝臓がんになることがある。
いつ爆発するか分からない時限爆弾のようなもの
そう表現するキャリアの人もいるらしい。

昭和23年から63年間というと、
昭和で計算すると「昭和86年」。
今は昭和だと何年だ?昭和87年。(計算、あってるよね?)
とすると…

去年の時点で7歳までの人が対象ってこと????

ひょっとして、まだ去年あたりまで注射針、変えてなかったんかい!
C型肝炎が社会問題化して、もう10年以上すぎてるのに
いったいどういう無策ぶりなの。
猛烈に腹が立ってきた。

さらに、私の感情をさかなでする法律事務所のCM。
たまたまラジオで流れてきたんだが、

B型肝炎患者の人は、症状によって金額は違うが
国からの賠償金がもらえるから、ワタクシどもにおまかせくだされ

そんな感じのCMだった。
ソレを土台にして、あなたがたは儲けようと思うんだね?
まぁ、法律事務所だって慈善でやってるわけじゃないし
たしかに助成を受けられるうんぬんは啓蒙するに値するのかも。

しかし。
オブラートに包まずに言うならば、弁護士って仕事は、
ソレすら、金儲けのネタなんだねと。
たしかに賠償金を出してもらえることになったのは
集団訴訟のときに弁護団になってくださった弁護士さんがいたから
その判決をとりつけられたんだけど。

ひとつの事務所がソレをCMで使ってしまうことに
うまく言えないが抵抗というか
違和感を感じるんだろうな。

これから先、他の事務所もバンバンやるのかな
このテのCM。
私がたまたま見聞きしていないだけで
もう複数の事務所がやってるのかしら。
なんでそう思うのかというと、考え方次第では
「払い過ぎた金利は取り戻せます」ってのと一緒だもんな。

<< 服装計画的な何か。【からだ編】 | ホーム | 服装計画的な何か。【気持編・その1】 >>


コメント

おめでとう!

これは喜ばなくては!
ひとやまこえたと言うけれど、大きな山だ。
そして随分けわしい山だったよねえ。
「よくがんばった」(岳)お疲れさまでした。

1980年代には全てディスポになってなかったかと?
今検索したら、鉄砲注射が本当に廃止になったのは1994年ですね。
その後は5人分くらい同じ注射器でってのが発覚してる分かな?
集団予防接種は「時間がなくて」魔がさす場合があって…
注射する人数分注射液をディスポにいっぽんいっぽんてね、
マンパワー必要なのに配置人数が少なくて予算がなくてね。
そんなの理由にならないんじゃあああ。
やっと「ケチったせいでよけいにお金かかる事に」なったと
認めたあたりなんでしょうか。ハラタツ。
長く苦しい訴訟をやって来てる人達の事を忘れないように
したいと思いますよ。

今年のクリスマスはシャンパンでも♪

>インデックスさん♪

ありがとうございます~^^
寛解の可能性に大きく一歩近づけたのだから、ありがたいことです。

>1980年代には全てディスポになってなかったかと?
ワタクシもそういう認識だったので、ビックラこきましたよ…
現場の「時間がなくて魔がさす」っていう気持ちも分からんでもないけど
懲りてないんだなーって。
米国で集団予防接種っちゅーのをやってるかは?ですが
もしそーゆーことがあったら、日本以上に巨額の訴訟を起こされるでしょうね。。。
>やっと「ケチったせいでよけいにお金かかる事に」なったと
>認めたあたりなんでしょうか。ハラタツ。
ほんま、腹立ちます=3
自分の世代で終わりって思ってただけに、余計に。

私が治療を受けられたのも、今まで訴訟を起こしたり
国会に法案提出してくれた人たち、
そして法案を通してくださったヒトたちのおかげ。
たまたま、自分は感染に気がつくのが遅かっただけで
私も訴訟のメンバーに入っていた可能性もあるんですよね。

クリスマス、シャンパン飲めるといいなー
(ぼよよーんと、妄想中w)
ほんと、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP