プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスタライザー その3。

ワタクシが清水の舞台から飛び降りるつもりになった、
並行輸入品ということで
そこはかとなくギャンブルのかほりも漂う「お買いもの歴」。
それがアメリカブランド⇒オスタライザーのブレンダー。
オスタライザー。201210 画像は使い回し。

日本語の説明書が付いていなかった。
オーダーするときに分かっていたけどね。

英語の取説ですよ、奥さん!

わらばん紙というか、ペーバーバックに使われるような
粗末な紙に説明書きが。
表紙だけは、普通のクオリティの紙だけど。
日本の電化製品だと、取説もキレイなんだが
そういうところもアメリカ!って感じ。
(あめりか、アメリカってカブれてんのかい、ワシwww)

日本メーカーのミキサーは使っていたので
使い方に迷うことはないと思ったけど
「命にかかわりそうな注意事項」が最初のページに載っていたので
そこだけは、分からん単語を拾う⇒辞書とネットで調べる
という作業をしつつ確認。

コンセントケーブルをねじったりするな、
束ねて使うな、とか
刃は鋭いので気を付けて扱えとか、
読んでみりゃ常識的なことなんだが。

あとは組み立て図などもあって、見たら理解できたので、
注意事項の他は和訳せず使っている。
簡単なレシピも付いていて
チーズケーキなんてのもある。
生地をブレンダーで混ぜると早いよってことなんだろう。
レシピは追々、単語を拾ってみようと思う。

さて。この買い物の一番の目的は
「滑らかなにんじんスムージー」を作ることだった。
初回は水分量などで失敗したけれど、2度目からはバッチリ。
ニンジンは、スムージーにするには硬い。
前のミキサーだとツブツブが残っていた。
オスタライザーで作ったものは、
キメの細かい大根おろしのような出来具合。
私にとっては、十分な滑らかさ。

滑らかに出来ること以外で気に入っているのは
前使っていたミキサーと違う点は、分解して洗えるところ。
前のが分解できず、洗い残しがどうしてもあって
なんとなく不潔っぽいという気持ちがあった。
ミキサーって、食べ物を細かく砕くから
その細かいのが取りきれずに残りやすいのだ。
刃の根元部分は特に。
ただ刃の部分を洗う時、手元に気を付けるのは同じ。
当然といえば当然ですが。

オスタライザーは歴史あるブランドで
基本的な構造は昔から変わっていないらしい。
初期の頃から分解して洗えるなんて、本当に合理的。
1万円ちょっとで買ったが
昔は今の2~3倍の値段だったみたい。
とにかく、私にとって1万円の価値はあった。

よくよく考えて、
多角的に比較検討した買い物の場合。
後悔は少なく、そして愛着も持つことができて
気に入って使えることが多い。
今のところ、私はこの買い物に満足している。
息長く、元気良く働いてもらいたい。


【その4】も書くかもw

<< 安ければ良いわけではない。 | ホーム | 捨てられない女の娘。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP