プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

海外オンチ。

久しぶりの本ネタですよ、はりきっていきましょ~

今日は図書館に行って本を返却。
最近は本にがっぷり向き合って読む時間が取れず
借りてきても、軽い本だけ読了して
少し考えながら読まないと理解できないような本は
なかなか読めずにいる。

ネット徘徊する時間はたっぷりとっているんですのよ、キリッ

さて、少しばかりそういうのを反省し
ドストエフスキーを借りた。
読むのは初めて。

海外文学はチト苦手。
私の海外文学モノに対する偏見は以下の通りである。

まず登場人物の名前が覚えられない。
「その人物は話の筋書き上、なくてはならぬほど必要なのか?」
悪態をつきたくなるほど、
無駄に登場人物が多いのも、私の頭のメモリ容量を著しく食う。
そして、訳の表現も古めかしくワケワカメ。


そんな頭カスカスな人は無理して読まなくて良い。
というのが私の持論、というか言い訳w
ところがドッコイ。
少し前に見かけたこの記事の冒頭にヤラれてしまった。

なるほど、私、食わずギライで損してるわ(単純w)

でも映画なら見たことあるもんねー♪
アンナ・カレーニナ、ソフィーマルソーが出てたバージョン。

って、オメーはアホかっ
その話はドストエフスキーではない、トルストイだよっ
というのは、後から裏取ろうと思い、
ググった時に勘違いに気づいたんだがw

そんな海外文学オンチな私が
限定的に挑戦してみようと思ったのだ。
数ページ読んだ時点で気が付いたのは
人物相関図が要るということ。
ネットでググったら、あったw
同じこと考える人がいるんだ☆とうれしかった。
なかったら自作しようと思ったから。

借りた本は「罪と罰」。3冊のうちの1冊目のみ。
何ページか読みすすめたところで、思わずツッコミたくなった。
同じ登場人物を何通りかの呼び方するのをやめてくれまへんかー
早くも挫折臭が漂っております、ぷぷぷ。

ここからは話が変わるので、たたみます。

お付き合いのないブログさんのリンクについて、
私なりにルールを作った、ここ最近だけど。
今回、リンクを載せたブログさんもそうだし
ウルトラライトダウンの洗濯のときに
リンク貼ったブログさんもそうしたのだが
お付き合いはないが、私なりに敬意を払いたい、
そんな記事へのリンクのみ貼る。

前だったら、リンク貼らなかったこともあるけど、
何かのきっかけで、その記事書いた方が私の記事を見たら
何よ~?前に私が書いてた言葉じゃないの?って思うかもしれないから。
いくらお付き合いがなくてもね、アカンと思ったわけです。

広いようで世間は狭い

そういうのって、辺境だろうと何であろうと、
関係ないだろうな。
何かのきっかけで目にとまったら、
相手は不愉快になる可能性があるのだから。

私も過去にそういう思いを、付き合いの有る無しにかかわらず
どなたかにさせたこともあるかも知れないし
自戒もこめて、「ひとりルール化」に踏み切ることにした。


参考にしたとか、認識を新たにしたとか
ネットしてたら、日々たくさんの「へぇ~」があるのだが
それをどう紐付けするのか、しないのかは
公開する文章のむずかしさのひとつだと思う、うーむ。

<< ブルームーン。 | ホーム | カーテン考。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP