プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つげ櫛@櫛留商店さん。

「つげ櫛」を買いました。
すごく高価なものを@浅田基準

2060916_つげ櫛
3寸(9.09㎝)もない小さな櫛、14,500円也。

櫛留商店さんというお店のものです。
なんとなく、つげ櫛の本場は京都かなと思っていました。
有名な櫛屋さんもあるし、舞妓さんが使うイメージもありますしね。

しかし。名古屋にも有名な櫛屋さんをTVで知りました。
しかも、お相撲さんの髪を結う櫛を世界で唯一納めている。
それが櫛留商店さん。

取り扱っている櫛の材料は2種類。
外国産のものと国産のものがあります。
櫛に焼印が押されており、このお店の場合は
外国産は丸で囲ったカタカナの「ト」、
国産は「本つげ」と押されています。
同じような大きさのものなら、外国産なら半額以下だったと思います。
すごく迷ったけど、そうそう買い替えるものではないので
国産にしました。
お財布からお金を出すとき、手が震えたのはナイショ(小市民w)

20160916_つげ櫛裏面
うっすらと「留」という字の焼印があります。
この店のものということが分かります。
でもこの店の櫛の特徴は・・・

20160916_つげ櫛手持ち部分

この黒い部分。
手で持つところの側面っていうのかな。
燻して焦げたようになっていますでしょ?
他のお店だと、ここを切り取ってしまうらしい。
そうすると手で持つ部分が狭くなる。
切り取らないほうが安定するそうです。
切り取った櫛も置いてありましたよ^ ^
よく見かける、普通のシンプルなつげ櫛という見た目でした。
何年もかけて板を燻してから、櫛になる。
櫛からは燻した香りがします。(だんだん消えていくらしい)

購入のきっかけは、尾張名古屋の職人さんを集めた展示会。
物産展と言ったほうが正しいのかな。
去年、今年と見に行って、1年越しで買いました。
別に市内なので、お店に買いに行けば済むんですけど
ちょっと敷居が高いですもんね。
絶対買うって決めていても、買えないときもある。
そういうとき、お店から出づらいじゃない?
物産展なら、他のお客さんが通ったりするので
じゃあ、また~とか言ってスルーもできるし。
もちろん、お店に行くメリットもあると思います。
じっくりお話を聞ける、たくさんの櫛を見せていただける
好きな文字で焼印を目の前で入れていただけるなどなど。
(註:画数の多い細かい字はできないこともあるそうです)

全国の百貨店でも、たまに職人の物産展で出店されているので
名古屋でなくても、スケジュールが合いさえすれば
現品を見て、お試しもできると思います。
別に回し者じゃありませんよー

年齢はともかく、ワタクシの収入に見合わない気もする高級な櫛。
大切に使って、そしてこの櫛にふさわしい人になりたいです。


<手入れ>
油をしみこませた糸の束に櫛を通すか、
古歯ブラシで櫛目の間を軽くこすって汚れを落とすこと。
椿油をしみこませた布で拭くの2点。
糸の束と布は櫛と一緒に付いてきます。
ネットでよく見かける、たっぷりの椿油にドボンと漬け込むのは
やる必要なしとのこと。
手入れが簡単で、ズボラーに優しい櫛でもあります。

<< 手作り櫛ケース。 | ホーム | モーニングページ 1年経過 >>


コメント

まきさん~こんにちは!
ステキステキ!これは興奮して黙っていられないわ^^

いいな~つげの櫛、私たぶん本物って触ったことないです。
木を燻して作ることも知らなかった!消えていく前の香りをかいでみたいなあ。

梳いていると髪が綺麗になっていくって聞いたことあるけど、どうなんだろうね!
また使い心地を教えてください^^

嬉しいお買い物だね。消えていく食べ物やお化粧品とかとも違って
大事にすれば一生付き合っていけるのだろうから、なんかロマンがある!ほんと素敵!

>okayuさん♪

okayuさん、こんにちは^^
一緒に興奮していただいて、嬉しさ倍増です。
ありがとうございます。
買った時の気持ちを忘れずに、大切に使いたいと思っています。

燻した香りはスモークチーズに似ています。
黒いところを切り取った櫛も同じくらい匂いがしてました。
今は湿気があるので大丈夫ですが、冬になると静電気がすごいんです。
椿油をしみこませたつげ櫛は、静電気が起きにくいのだそうです。
ちなみに100均で買った桃の木の櫛も持っているのですが
静電気、バチッとしますw
油をしみこませて、少しマシになりました。
今度記事にしますが、その櫛も変わらず大事に使おうと思っています。
違いが出るのか、楽しみです。
使い心地、またレポしますね♪

浅田さんこんにちは!

櫛留さんのつげ櫛を購入されたんですね!私もとても気になっていた櫛だったのでついコメントしてしまいました(^^*

櫛留さんの櫛は持ち手がしっかりとしていて使いやすいと聞きます。憧れの櫛・・・羨ましいですー!

>蟻子さん♪

蟻子さん、こんにちは^^

そうなんです、櫛留さんのを買いました。
ある種の勢いがないと、なかなか買えないです。
物産展とか、そういう情報が入ってくるのも何かの縁なんでしょうね。

蟻子さんの櫛は喜多つげ製作所さんのですよね。
すごく立派で美しい櫛だな~ってホレボレしちゃいます。
お話できて、嬉しいです、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP