プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

咳が止まらない症状。

今月の始めから体調を崩してしまった。
タイトル通り、咳が止まらない症状。

何年も前から、このブログを読んでくださっている方は
私が以前、「咳ぜんそく」と診断されたことを
覚えてくださっているかも知れません。

ワタクシ今回も「咳ぜんそく」なのかなと思っていました。
ただし、きっかけは「風邪」というよりも
いきなり咳から始まりました。
いやな感じがしたので、
すぐに呼吸器科の開業医のところへ行きました。
仕事も一日休みました。

ところがですよ。
今は、簡単に喘息用の吸入薬を処方してくれないんですね…
完全な「喘息」の患者さんには処方されるようだけど。
なので最初はフツーの風邪薬に咳止め、
そして去痰薬が処方されました。

薬を見て、まず完治しそうにないな…
という予感は当たった。
それは仕方がないが、その後仕事が忙しくて病院に行けず
10日以上、市販の薬を飲んでいた。
どんどん悪くなっていく気がしたので、再び病院へ(遅っ)

で。やっと喘息用の吸入薬が処方された。
それだけでは、効かないだろうからと
以前出された咳止め薬も出た。

最近ポピュラーになってきた
喘息の検査があるというのでしてもらった。
呼気NO(エヌオー)検査。
検査代は720円。(保険3割負担で)

喘息の人が吐く息には一酸化窒素が
普通の人に比べて多く含まれているのだそう。
その数値が48(※)を超えると喘息の診断が確定。
ひどい人は「100」超える人もいるらしい。
それ以下なら喘息の可能性が低いというもの。
(ややこしいことに、まったくゼロではないらしいが)
何年も前に咳ぜんそくと診断されたことがあって
まだ受けたことがない方は、一度受けてみるといいかも。
ぜんそく認定が、くつがえることもあるから。

で、ワタクシ、その検査の値は「5」。
まったく、かすりもしないほど値が低かった。
隠れ喘息である可能性は、きわめて低いとのこと。
可能性がゼロになったわけじゃないけれど
地味に嬉しい。
「咳ぜんそく」なんだろうと思っていたから。

ぜんそくの診断はとても難しいのだそうだ。
6年ほど前に初めて「咳ぜんそく」の可能性を指摘した医師も
今回の医師も同じことをおっしゃる。
なので、本当に難しいのだと思う。

ぜんそくの可能性が低いのに
これだけ咳が長引く症状が出るのは
咳中枢が過敏になっているからと考えられるのだそうな。
2回目に処方された薬がまた切れてしまった。
あまり良くなっていなくて、毎日苦しい。
薬が切れる前に、病院に行くべきだったと後悔中。
次はもう少し強めの咳止めがあったら
出してもらおうかな。

なかなか手ごわいですよ、この季節の咳。
これ読んでくださっている方も、用心してくだされ。
では。

<< 台湾旅行 with 母。~申込編~ | ホーム | 2017年の手帖もSeriaで。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP