プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

【今年やろうシリーズ】 旅行英語 2017年3月雑記。

倒産した旅行会社のことがニュースになっている。
私が年末に台湾旅行に利用したのは別のところだが
格安ツアーを扱う旅行会社。

格安ツアーを扱う旅行会社のすべてではないにせよ、
お金の流れが自転車操業的な会社も存在することを今回知った。
倒産直前に支払いをカードから現金払いに変更させられた
お客さんもいたらしい。
で、旅行は行けません、お金返せませんなんて
「そんなの詐欺と同じじゃん」と思う。
その時のお客さんは、違和感こそあったかも知れないが
倒産のトの字も思い浮かばなかったのでは?

てるみくらぶ「出国した人は自力で対処を
というタイトルで昨日Yahooニュースで読んだ。

一部抜粋する。
■出国した人は自力で対処を

 「てるみくらぶ」は、すでに航空券を受け取っていても、現地で宿泊できないなどのトラブルの可能性があるとして、渡航を控えるよう呼びかけている。一方で、すでに海外へ出国した人については、自力で対処してもらうしかないとしている。さらに、社長の経営判断ミスが今回の事態を招いたのかと問われ、山田社長は「はい、まさしくそうでございます」と答えた。
-------- 抜粋ここまで ----------


読んで真っ先に出た言葉は
は~?何言ってるの? ありえねー

ただし。海外に飛んでしまってから
宿泊先や帰りの飛行機をキャンセルを知った場合。
やっぱり自力で対処するしかないのだろう。
まずはわが身の安全を図り、無事帰ってくることを優先するしかない。

行き先にもよるけど、そういう時に役に立つのは言葉。(お金もね
いちばん汎用性の高いのが英語。

台湾のメイン言語はもちろん英語ではないが
その台湾でゆっくり言われた簡単な英語を理解できなかった。
「海外に出るなら最低限の英語をやっておくべき!」と感じたのだ。
しかし、海外に行く頻度は低い。
それを踏まえての最低限とはどの程度か。

緊急が迫っているときの言葉を聞き取れて
あとは、飛行機の予約を入れる→予約確認ができる
ホテルの部屋をおさえられる程度と私はイメージしている。

緊急が迫っているってのは、アレな。
いやな話だが例えばテロ。あるいは強盗にあった時など。
ダメなときはダメだろうけど、逃げろとか伏せろくらいは
英語だけでなく現地の言葉で知っておきたい。
あとは困った時。つまり今回のようなケースに最低限対応できたらOK。

でも、勉強しない人はしないよね。
必ず必要になるとは言い切れないし。
けれど備えておくに越したことはない。
頭に入れられないなら、せめて小さい辞書か指さし英会話のような本。
あるいは、スマホアプリをおすすめする。
旅行会社の倒産に限らず、自分を助けてくれる場面があるかも。

以前、通勤中に旅行英語の音声を聞いていると書いた。
自分でも意外だが、たまたま継続中。
仕事が休みの日は聞かない。
仕事の日は最低でも行き帰りのどちらかは必ず聞いている。
非常にゆるい。でも自分基準では上等。

飛行機が遅延しただけで、かなり疲れたので
自力で対応しなくちゃいけないなんて、
いらだちと不安はいかばかりかと・・・
いろいろ書いたけど、件の旅行会社を使って
今海外にいる方が、無事帰国されることを心から願っている。

<< 今朝の地震。 2017/06/25  | ホーム | 終わりから考えてみる。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP