プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

ちょうめん。

ワタクシの手元には、5年くらい前の
学生の時代の使いかけのノートが何冊かある。
(数字に突っ込まないのがオトナの優しさですよ☆)

ちびっ子の頃に
「戦時中は紙がなくて、帳面は貴重だった。
紙が真っ黒になるまで大事に使い倒した。」
などと周りにいたお年寄りから聞かされていたので
何も書いてないページがある帳面=ノートを
サクッと捨てるのはココロが痛む。 
 
で。某巨大掲示板の「汚部屋」とか
「捨てる」とか「片づけ」がテーマになっているところを見ていて
良いアイディアがあったので、パクッと拝借。

 ビリッとページを破って、用事を書く。
 1件につき1枚。→ここでモッタイナイとか思ってはイカンそうな。
 終わったら捨てる。


とりあえず使ったぞ!と自分の気持ちをなだめるグッドアイディア。
小心者&ケチ&ノートに対するおかしな執着があるので
そこまで気前良く使えないが、
「チラシ作戦」をするときにチラシの代わりに
ノートを破り取ったページを使うこともある。

クリップボードっていうのかな。
堅い板にクリップが付いていて、机がなくても字が書けるやつ。
それにガブッと紙を挟んで、ペンを持って部屋をウロウロ。
目に付いたことを書く。

・ここが汚いから拭こう。
・メールの返事をする。
・100均で買いたいもの。
・コレはブログネタにしよう。


何でもあり。
頭に浮かんだ「試してみたいこと」も書く。
それがチラシ作戦なんだけど、
大掃除の時のリストと同じで「なるべく一口大に切る」。
取りかかりやすいように。
そしてその作業はすぐに終わるように。
だから、ハードルの高い何かをするときは
ハードルを下げるための作業も「一口大に切って書く」。
要注意なのが、いつまでも着手したくない
消し込めない案件が残っていると
その紙もいつまでも手元に残ってしまうことだ。
そのときはあきらめて、忘れるために捨てる。
一番いいのは、なにがハードルになっているのか
その時に考えて、違う切り口で書いてみることかなと思う。

なるべくハードルを下げる。
それでもやる気になれないときは…
いったん、あきらめます(笑)
さて、今から干してある布団を取り込みまするー♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下、ひとりごとのようなもの。

 「帳面」という言葉がなんだか好き。
 日頃は使わないけど、ワタシのココロの何かを揺さぶる。
 ジャパニーズクラシカルな感じが好きなのかも知れないし、
 なんだか古めかしいけれど、
 貴重な何かを書きつけておくような印象があって
 惹かれるのかも知れない。
 あるいは、もうこの世にいない祖母や叔父が
 ただ懐かしい、恋しいだけなのかも…
 もう少し年を重ねたら、私も使おうと思っている。→変なやつw

<< えきしびじょん。 | ホーム | 久しぶりになまはげ。 >>


コメント

小さい頃、紙を無駄にすると紙の橋を渡らせられると言われて育ったので、私的には、一件につき一枚はあり得ませんねぇ。古い世代なのかなぁ。
私も学生時代の使いかけのノートはたくさんありました。使った分が多ければ、残りを切ってメモとして使って、数枚しか使っていなければ、その部分を破って残りは普通のノートとして使っています。
買い物に行くのにメモしたり、数日分のやることなどをちまちま書くのが習慣なので、紙は貴重ですね。メモ用サイズに切ったりしないで、そのままで使うのが使い切るコツのような気がします。余計な手間をかけないのが私的には大事みたいです。

chutanさん♪

紙の橋!
そういう言い伝えがあるのですね。想像すると、怖いです…
その話を知らなくても一件一枚は試したことがないです。
チラシの裏なんかだと、バーンと大きく大胆に図解を書いてみたりすることはあります(笑)
落書きもチラシの裏ですw
基本的にノートの使い切り方はchutanさんのやり方に似てる気がします。
自分の感覚、まちがってないのだなって嬉しくなりました。
ありがとうございます(*^ー^*)

いっぱいあるー

どこからともなく湧いて来るノート(の使いかけ)
お、おばちゃんはね、オイルショックを知ってる世代でねっ。
つか、山のトイレ紙は新聞もんで使った事あるぞ!
ノート用のいい紙をそのまま捨てるなんてありえない。

ブログ始めてからメモは3倍ぐらい使ってます。
でも新しいメモ帳にも目移り~

インデックスさん♪

>でも新しいメモ帳にも目移り~
なぜかワタシの頭の中で、インデックスさんは文具好きなイメージがあるので納得☆
オイルショックといい、ばぁちゃんの戦時中の話といい、「紙を大事にしろよ」的な刷り込みってスゴイな~
大事にちゃんと使うことは悪いことじゃないんだ。つか、まっとうな感覚ですよね。
ワタクシにひそむ問題は…
真新しいノートを使うときの新鮮な、小さな緊張感が混じった気持ちがなんだか好きです→そして使いかけが増える…(-"-)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP