プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

こんご。

ワタクシ、4年近くの「ひとり暮らし」にピリオドを打ち、
この春に実家にもどることを考えています。
経済的事情、そしてメンタルな健康面を考えると
一旦、親元で立て直しを図るのがベストだろうと。
以前も書いたのだけど、この暮らしをたたむことは
負けること、そして甘えだと思っておりました。
けれど、人にはそれぞれキャパシティというものがございます。
器以上の無理を重ねても、プラスになることはないだろうと。

ひとり暮らしじゃなくなる。
今までよりもツマラナイ自分になりそうで
ある意味、ひとり暮らしに執着しまくっておりました。
だけど、どこで暮らそうと
生活自体を楽しもうという心意気を忘れなければ
きっと楽しめるはず。
今だって、この暮らしには未練タラタラですが、
このあたりで仕切り直そうと思っております。

とはいえ、引き払う準備は何も着手しておりません。
頭がパンクしそうなので、また書き出しからスタートです。

<< せんのうw | ホーム | おぜんだて。 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うんうん、私はすぐに親の気持ちで考えるから
まきさんがご実家に戻られるの賛成って思っちゃうんだよ。
あ、ひとり暮らしをすることってとても良いことだと思ってるよ!
まきさんが4年間も一人で生活してきて。それって生きてく力が身に付いたんだもん凄いことだよ!
そうやって成長してご実家に戻るんだもん。前に実家暮らしだった時とは全然違うと思うんだ。
なんかきっと新しい感覚で面白いことがあるんじゃないかな!^^
そしてさ~「もうやだ!おうち帰る!」じゃなくて今の生活を楽しいって思えてることってステキなことだなぁと思ったし。

なんて色々言ってみたけど
>だけど、どこで暮らそうと
>生活自体を楽しもうという心意気を忘れなければ
>きっと楽しめるはず。
って考えてるまきさんだもん♪余計なこと言うのは野暮ってものだけどね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

@コメントありがとうございます♪

頂いたコメントをじ~っくりと拝見いたしました。
ひとり暮らしをしている同じ視点で書いてくださった方、
親としての立場から書いて下さった方、
同じアラフォー世代としての視点で書いて下さっている方
も~~~~、むちゃんこ参考になりました。
昨日あれから実家に行って両親と話をしていて
またまた迷いが出てるんですが、それは別記事で。
ただ、頂いたコメントの中で
決めたことに、勝ち負けもないということ
それから、楽しもうという気持ちがあればということに共感してくださったこと、
もっと言えば、こうでなくてはならぬとか、正しいとか間違いなんてないんじゃないかということ
それぞれ、ワタシの気持ちにジーンと沁みわたる言葉でした。
ここまでを、非公開コメントを頂いた方々への、お返事とさせてくださいませ<(_ _)>

♪okayuさん♪
経済的なことだけを取り上げたら
「もー、こんなビンボーやだ。おうち帰るっ」
なんですけどね(爆)
生活力ないな~と(ため息)
母親としての視点での気持ちはとても参考になりました。
この件、まだスッキリしてない点もあるので、ゆっくりまた書きます。
ありがとうございます☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP