プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
アラフォー・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手
今年、2017年の抱負は、
「毎日、何かを捨てます」
「出かけるときは口紅をつけます」
ブログタイトルに見合った行動をします。
よろしくお願いいたします。

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

誤算しゅうのう。

わたしがひとり暮らしをしている間に
実家は古い家を建て直していた。

そして。
ワタシに割り当ててもらった部屋だけでなく
全部が全部、ほとんどいわゆる作りつけ収納ってやつで。
そういうのってどこの建築メーカーのもたいてい
根っこが一緒。

家具を買い足さなくてもいい。
たくさん収納スペースさえあれば便利でしょ。

そういう哲学?を元に作られているようだが
最初にビシッと決められたソレは、
何しろ融通が利かない。
モノを使うための収納じゃなくて
収納のための収納とでも言おうか。

ワタシの生活に収納を合わせるんじゃなくて
収納にワタシの生活を合わせろって?
もっとザックリと大ざっぱな作りがいい。
細かいところくらい自分で決められる収納は選べないの?

建てる前に、相談された時に
そんな風なことを言ったら(モチロン、もっとやんわり表現しましたがw)
なんて変わり者なの=3と
母に超キレられました(苦笑)

しかし。
たくさん片づけブログなどを読んできて
その不安は確信にorz
奥行きの深すぎる収納は使いづらい。
 →収納が大きければ、万事OKじゃないのだよね。

そんな奥行きも攻略できる♪と、
すっぽりと入れる予定だったフィッツケース※が
クローゼットに入らないことも判明。
サイズだけをチェックしていたが、
折れ扉の食い込む分だけ、実際の空間が狭くなることが原因。
ケースの数は6つもあるのに、大きすぎる打撃。
 ※フィッツケース…ポリプロピレン製の収納家具。
  こんな感じの

もちろん両親には感謝しております。
新しい家になったこと。
そこに住ませてもらえてることは、とてもありがたいこと。
だからこそ、この部屋で快適に
そして片付いた状態で暮らすことができるようになりたいと、
攻略したいなぁと思います。


さて。片づけにもどろうかねぇ。

<< 4/21&4/22のなまはげ記録。 | ホーム | なまはげメモ4/18~4/20。 >>


コメント

こういう計算違いを発見すると「はぁ~」と力が抜けますよね。
私も洗濯かごを入れるフタ付のかごを買ってきて入れてみると
洗濯かごのハンドル部分を計算していなかったため、ふたが
しまらなかったです。
ハンドルを取り外せばふたは閉まるけれど自分のまぬけさに脱力です。

収納って難しいですね。
うちも引っ越しするたび「なんでだよー(涙)」と泣くことがしばしば。
最初のサイズに合わせて物を持つと、その後、サイズが合わなかったり、使えず困ることがありました。
次どうするんだろう?と毎回思うのですが(苦笑)
まきさんがおっしゃるように、大枠が決まってて、細かい仕切りは自分でできるというのが使いやすいと思います。でもこれも人により、物によりサイズがちょっとずつ変わるから難しいところですね。
自分に合うようにいろいろ試すのも、まあ楽しいので(うちの変形クローゼットは1年放置してました)気長に・・・・。


@コメントありがとうございます。

とららさん♪
 こんばんは^^
 そうなんです、入らないと分かったときは脱力~でした。
 ケースは設計図ができる前に買ったモノで、
 設計図に書いてあるサイズだけを見て
 「実家に帰っても使えるワ、しめしめ」
 と思っていたのです。まさにアテが外れるというヤツです(苦笑)

酉蔵さん♪
 引っ越しをされて、ちゃんと生活を確立されている酉蔵さんを
 ワタクシ心から尊敬いたします。
 
 たしかにヒトとモノでサイズが違うのも事実ですよね。
 そういえば。なんでこんな収納なんだろうってのを、
 賃貸のマンソンを探していたときも
 たくさん見ました。
 箱=建物は簡単に変えられないので、工夫するしかないですよね(泣)
 問題は楽しめるかどうかだ、嗚呼(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP