プロフィール

浅田 まき

Author:浅田 まき
40代・独身
ひとり暮らしを経て
2010年4月より実家暮らし。
食べることが好き
整理整頓が苦手

2018年の抱負のようなもの
「小さな成功を積み重ねます」
「適度なうるおいを保ちます」
良い1年にしようと思います!

  ☆ お知らせ ☆
このブログはリンクフリーです。
(相互リンクの受付は停止中です)


当ブログはamazon.co.jpを宣伝し
リンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を
提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムに
参加しています。

最近の記事

最近のコメント

年度別アーカイブ

本年度のみ、月別表示しています

月別アーカイブ

 

カテゴリー

お気に入り&お仲間♪

コツコツ挑戦中。


H21.8月1,400円換金
H22.4月5,100円換金
H22.10月3,800円換金

ポイント ちょびリッチ

マクロミルへ登録
H21.8月500円換金
H21.10月1,000円換金
H22.3月1,000円換金
H22.4月500円換金
H22.6月500円換金
H22.11月500円換金
H23.2月1,000円換金


新製品などを手軽にタメせたり、
モラえたりします♪

レビュープラス
→本や雑誌の好きな人向け。

ブログ内検索

♪♪♪おかいもの♪♪♪

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまに書くノート。

ドラマ「アンナチュラル」、終わりましたね。

中堂さんをやっていらした井浦さん。
髪型でガラッとイメージが変わるのだが
基本的に好きな顔、そして声も好き。
私の好みは置いておいてw
最終回、伏線回収の見事だったこと!
ほんと、天才だと思った。
しばらく、つまんないですなぁ。
春からのドラマも、良いのやるといいな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

働いている職場で人事的な異動がありまして。
ワタクシ、異動前から不安で。
夜は0時過ぎに布団に入り、割と早く寝付くんだけど、
3時頃とか早く目が覚めたりして
ちょっとイヤな感じ。
目が覚める前、ずいぶん長い間、仕事している夢を見ていたり。
めっちゃ仕事しとるやん、ワシ!って思うわ。夢の中だけどw

睡眠障害はウツの前兆の場合もあるから
再発するんじゃないかと、怯えている。

仕事だからね。夢の中の業務でなく、
昼間の業務中にちょっとイヤな気分になることもある。
それは、よくある話で引きずるようなことじゃない。
ところが、延々と頭の中でループし続けることがある。

これしきことで、私は何でこんなにへこんでいるんだろう?

自分でもわかんないけど、そういうときに取り出すノートがある。
ネガティブノート。

この本だったかな、図書館で借りた本に書いてあったのをマネした。

ムカッとしたこととか、延々と書き連ねる。
人に愚痴るより100倍マシだから。

このノート、去年の今頃に作ったのだが
ここ最近までで書いたのは2回。
1年経ってるのに、たったの2回だなんて
私、幸せなんだなぁって思ったよ。
最近3回目を書いたけどね。

また、しばらく書かずに済むといいな。

では、またね。

それは禁じ手。

最近、見ているドラマはの「アンナチュラル」。(石原さとみさん主演)
1~3月のクールで録画したのは、コレだけ。
特定の俳優さんで視聴を決めることもあるけど
あらすじはもちろん、職業などの設定も大事。

興味はあったけど、最初は録画を見ておらず
撮りためたものをやっと見た。

めちゃめちゃ面白いよ!

石原さとみちゃんの髪が、ビシーッとセットされすぎていなくて
少しだけハネてる部分があるのも、個人的にはツボ。
そういうキャラ設定ですかね?
職業婦人(表現、古っっ)が、毎朝、
一糸乱れぬ髪にセットしとれるかっつーの!
あれま、前に書いた「身支度」に反するかw

ロングな前置きになりましたが本題。
先日、激推ししてた本をワタクシ購入しました。
既に絶版になっている本で、Amazonの出品者から購入した。


  
     

最初は図書館で借りて読んだ。
基本的に読んだら、購入するまでもないんだけど
繰り返し読みたいと思ったので購入した。
良書だと思うのだが、この本のタイトルがいただけない。(私見)
借りた本も第一版だったが、買った本も第一版。

売れなかったんだろうな…(あぅ)

売れなかった理由はタイトルのせいではなかろうかと。(暴言w)
私がタイトルをつけるなら、
「こころを守る 自己肯定感の育て方」とか、
「自分を好きになる、自尊心の育て方」とか?
悩み方~と、どっこいどっこいかw
けれど、本の内容に沿っているのはコチラですよ。
NHK出版さん、タイトル変えて再販しようよ~
新書でも文庫でもいいからさ。

今気がついたのだが、まだ前置きだった(汗)
今から肝心なことを書く。

他人の心を読めるかのようにふるまってはいけません。
(92ページ)

コレ、ついやっちゃいませんか?
私だけですか、そうですか・・・
自己肯定感の低い人はやってしまいがちなんじゃないかな。
少なくとも私にはその傾向がある。
自己肯定感が低いと、被害者意識も必要以上に持ってしまうし
その苛立ちを他人に向けがち。
悪い循環の始まりかも知れませんな。

たとえば、ランチのお誘いのメールが自分だけ来なかったとします。
それはメールを送った人に悪意があったのかも知れないけど
単に送り忘れただけかも知れない。

悪意があったと決めつけてしまって、それをふるまいに出したら?

間違いだったときには取り返しがつかない。
ちょっと、オリジナルエピソードを加えたけれど
そういうことがシンプルに説明されていて
とても良い本なのです。

人の心を想像することは悪いことではない。
それは「思いやり」にもつながるし。
先日も書いたけど、「ゲッ?私嫌われてるのかしら?」と不安になる
「感情の反応」は仕方がない。
そう感じるのだから。

肝心なのはその先。
「あんた、私のことキライなんでしょっ」という態度をとるのはマズイ。
ということかなぁ。
私はこう感じたと伝えるのはOK。
でも相手を責めるような言い方にならないように注意が必要。
(←最重要)

ま。書くのは簡単。
行動に取り入れるのは、少しの辛抱を伴うけど
それが自分の立場や心を守ることにつながるのは
なんとなく分かる気がするよ。

少しずつ、私を好きになれますように。

では。

最近いいなと思った言葉、みじたく。

少し前に、ワタクシの職場に20代前半の
うら若き女性が入ってきた。(派遣さん)

先日話題にした上司と、ワタクシの直属のリーダーが面談した。
私が業務を教える予定だったのでね。
第一印象が地味だったからか、
「なんか浅田さんに似てるわ」って思ったそうな。
そこは男性。分かってないなと。
面談用のスーツだから、そう見えるだけでは?
女性は私服になったら、変わりますよ。

ワタクシ、そう言っておいた。
(ちなみにワタクシ、普段の私服は地味w)

読みは当たりまして、派手さはないけれど
女子らしいし、肌もきれい。
着ている服も高価なものではないが、
身ぎれいにしているのは分かる。
爪もネイルを塗っていることがあるが
目立つ色ではなくて、元々キレイなのかもと思うような色。
髪はおそらく、多少クセ毛?と思うがボサボサではなく、
それなりにキレイにしている。

彼女が、一度遅刻ぎりぎりで出勤したときに
「身支度をする時間がなくて」と言った。

「身支度」
若い女子が使う言葉にしては古風と思ったが
なんか良い言葉だなと思った。
ちゃんと躾けされた女性なんだなという印象。

ワタクシの家ではめったに使わない言葉だ。
同じ意味で使うなら「用意しなさい」だろうか。
名古屋弁で言うなら「まわしする」とか「まわししなさい」かな。
ウチで使うのは父がほとんどで、
ワタクシが使うときは、ふざけてる時(おいw)

ちょっと「身支度」の意味をググってみたんだけど
何かをするために身なりを整えること
だそうな。
「用意」とか「準備」ではあるけれど、
おそらく、この言葉の持つ「身なりを整えること」の部分が
ワタクシには不足している。
髪はハネていても、大雑把にしか直さないし
直らなかったらゴムで結んでしまうし。(しかも無造作)

たとえば、まつ毛はマスカラでゴテゴテひじきなんてイヤなので
それだったら付けないほうが100倍マシだと思う。
つけまつ毛やマスカラを付けるなら
あれ?この人、まつ毛長かったっけ?見落としてた?
というくらい、さりげないなら付けてもいいかなと思う。

先日も書いたけど、爪だってそう。
目立つ色でも良いけれど、それなら手がキレイに見えることが前提。

自分の持っている素材を活かすってそういうことかもね。
少し前、整形メイクの動画を見るのがマイブームだった。
化粧したら別の人になるのもいいけど、ガラリと変わらなくてもいいな。
自分のままで、ほんの少しキレイ度をアップできたらいいなと
今は思っている。
昔の私なら彼女に嫉妬して、比べて落ち込んでいたと思う。
良いロールモデルが身近に来てくれて
ワタクシ、ツイていると思うわ。
「変わろうと思えた」 イコール 「チャンス」だもの。

では、また。

平昌五輪、そして自己肯定感。

今さらですが、平昌五輪つながり。
でも、メンタルな話。

まずは、okayuさんもワタクシも大好き♪
羽生選手の金メダル!ほんとーに嬉しかった!
その後のインタビューの受け答えといい
本当に素晴らしい方だと、再認識いたしました。

注目されるほど、アンチも湧くのは世の常。
気にせずスルーです、スルー。
私が勝手に羽生選手を好きなのだ。


さて、種目は変わってカーリング。
女子の方ね。
可愛いと現地でも話題になった藤澤五月選手。
五輪の前から、NHKのニュースなどで取り上げられていた。
完璧主義すぎて自分を追い込みすぎてしまうのだそう。
そんなこともあって、メンタルトレーニングを受けているらしい。
結果、良い方に出ましたね。
銅メダル、おめでとうございます。

実は今回の五輪まで、カーリングに対する私のイメージは
それほどよろしくなかった。
プレイしている人たちだけで盛り上がって
よく分からない競技だと思っていた。
ルールを知ろうともしなかった。
ざっくりでもルールが分かれば、やっぱり面白いと思うし
応援もしたくなるものですね。
で。藤澤選手のメンタルトレーニングについて
五輪が終わった後にググった。

キーワードになってるのが
「自分の素直な感情を認める」
そして「メタ認知」なのだそう。

ひるがえって、私の話になるが
少し前に、今の勤務先の上司にも

心の反応は、どうしようもない。
そう感じてしまうのだから。
いけないとか評価したり拒絶せずに、いったん受け入れましょうよ。


そんなことを言われた。
ワタクシ、見た目とても穏やかに見えるこの上司を
実はなかなかの曲者、かつ、切れ者と思っている。
話を戻そう。
確かに、とっさに湧き上がる感情はコントロールできない。
少し前に紹介した本にも書いてあったし、私もそう思う。
そこをヘンに押さえつけたり、フタをして見ないふりをすると
やっぱりどこか不自然だし、後でぶり返したりするものだ。

2つめの「メタ認知」ってのは、頭の中にもう一人の自分を住まわせて
感情も含めた自分の状況を俯瞰させること。(たぶん)
心理学の用語らしい。

今年は、自分と向き合う年になるのかな。
まだよくわからないけど、今年も六分の1は終わりましたのでね。
メンタルトレーニングに通う余裕はないけれど
本を読んで得たこと、五輪を見て感じたことを
少しずつ自分の落とし込んで
自己肯定感を高めていきたいと思っています。

では、また。

セブンイレブンのネイルファンデーション。

セブンイレブンで、ネイルファンデーションなるものを買った。
もともとは2色展開らしいが、私が買ったのは限定色。
血色良く見せたいので、一番濃い色。

ネイルファンデーションって何ぞやと。
どうやら一般的なマニキュアよりも自然な色目で
凹凸がある爪もキレイに見せるものらしい。

確かに何も塗ってないと思えるほどナチュラルな見た目。
ツヤも自然。そして凹凸が目立たない。
乾きも一度塗りなら早いし、
薄い色なので、少し先端がハゲても目立ちにくい。

塗らないよりも、確実にキレイ。(これ、重要)

ネイルの色選びって、なかなか難しくて
むしろ塗らない方が手がキレイに見えるネイルもあるからね。
540円。値段も財布にやさしい。

褒めちぎったので、よろしくない点も書いておきます。
安物のマニキュアと同じで
塗ってる最中は、においがちょいとキツめ。
許容範囲だけど。

落とす時は、除光液を使います。
名前はファンデーションだけど、マニキュアだよね…
なので、除光液は爪にダメージが少ないもので。

最近買ったものの中で、けっこう気に入っているので
ちょっと書いてみました。

では、また。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE